舞台芸術制作者オープンネットワークOpen Network for Performing Arts Management (ON-PAM)

オンラインのみOnline only
MapMap
オンライン配信Accessible online
2.12 Fri 19:00 - 21:00 (シンポジウム1) (symposium 1)
2.13 Sat 19:00 - 21:00 (シンポジウム2) (symposium 2)
オンライン配信Accessible online
2.12 Fri 19:00 - 21:00 (シンポジウム1) (symposium 1)
2.13 Sat 19:00 - 21:00 (シンポジウム2) (symposium 2)
シンポジウム1:日本語、通訳なし/シンポジウム2:言語未定、通訳ありSymposium 1: Japanese without interpretation / Symposium 2: Language TBD, with interpretation
オーディエンス

¥500

プロフェッショナル

無料

Audience

¥500

Admission free

舞台芸術と社会、アーティスト・芸術団体と観客を繋ぐ全国的、国際的な会員制ネットワーク。制作者へのエンパワメントを通じて社会を変えていくことをミッションとし、同時代の舞台芸術の社会的役割の定義と認知普及、文化政策などへの提案・提言に関する活動をしています。新型コロナウイルス感染拡大により多くの公演が中止となったことを受け、ON-PAM政策提言調査室では、特に舞台芸術事業の「契約」について議論をするワーキンググループを立ち上げ、2020年7月「舞台芸術事業の契約について—持続可能な創造環境整備のためのステートメント」を発表しました。また、文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の事前確認番号発行団体となり、フリーランスの舞台芸術制作者を中心とした申請者への支援を行っています。

TPAM2021では2つの公開シンポジウムを開催します(詳細は後日発表します)。

A nationwide and international membership network that connects the performing arts and society, artists / artistic groups and audience. Aiming to change the society by empowering arts managers, it works on the definition/promotion of the social roles of the contemporary performing arts and advocacy regarding cultural policy. In response to the cancellations of many performances due to the COVID-19 pandemic, the Advocacy and Research Group of ON-PAM established a working group for discussing the importance of “contract” in performing arts projects and published a statement titled “On Contracts in Performing Arts Projects—A Statement for Sustainable Improvement of Creative Environment” in July 2020. ON-PAM has also become responsible for issuing confirmation numbers for the “Support for Continuation of Cultural and Artistic Activities” of the Agency for Cutural Affairs to support applicants for the support most of whom are freelance performing arts managers.

At TPAM2021, ON-PAM will organize two symposia (details to be announced).