オンラインのみOnline only
MapMap

2.10 Wed - 2.14 Sun

2.10 Wed - 2.14 Sun

日本語・英語Japanese and English
オーディエンス

2021年2月10~14日、Vimeo (期間限定オンライン配信、無料)

詳細情報…www.yorikomaeno.com

Audience

10-14. Feburary 2021, Vimeo (Free)

Info...www.yorikomaeno.com

 
Vimeoオン・デマンドによる配信となります。期間内でしたらいつでもお好きな時間にご視聴いただけます。
 
振付・演出 : 前納依里子
ダンス・振付 : 粟野桜子、孔麻璃子、中川亜耶
音楽 : Thorsten Quaeschning, Jürgen Maeno
舞台美術サポート : 小林峻也
映像 : Johannes Schuchardt, 前納依里子
衣装 : 茂木聖代
ビジュアル・技術補佐 : 大倉由記香
助成 : Steglitz-Zehlendorf自治区文化助成金、JaDe-Stiftung、ベルリン政府奨学金
後援 : TanzTangente Berlin
Artistic direction, Choreography : Yoriko Maeno
Dance, Choreography : Sakurako Awano, Mariko Koh, Aya Nakagawa
Music : Thorsten Quaeschning, Jürgen Maeno
Set design support : Takaya Kobayashi
Video : Johannes Schuchardt
Costume : Masayo Motegi
Visual and technical support : Yukikou Okura

Supported by Bezirksamt Steglitz-Zehlendorf Fachbereich Kultur – Dezentrale Kulturarbeit, JaDe-Stiftung, Tanzpraxis Stipendium von Berlin Senate, TanzTangente Berlin

身体ひとつで海へと身を沈める海女。この作品は、東アジア地域特有の文化遺産である海女漁の歴史と現在をテーマに、ダンス、音楽、美術、映像プロジェクションが融合する舞台芸術作品です。ダンサーの流動的かつ浮遊感に満ちた身体と、映像による空間演出、そして音楽をドイツの伝説的バンドTangerine Dreamで活躍するThorstenが担当するなど見所満載。コロナ禍により公演が中止を余儀なくされた今、新たな試みとして360°映像作品として発表します。 3000年ともいわれる歴史を持つ海女漁にフォーカスをあてた本作品は、気候変動や海洋汚染が大きな問題となった時代に生きる私たちに切実な問いを投げかけます。自然と人間の関わり、人間らしい喜びに満ちた人生…。様々なパースペクティブからこの問いを探索する本作品は、ダンスファンのみならず、多くの方々にとってアクチュアルかつ新鮮な映像観劇体験となるでしょう。

AMA, a woman diver, dives into the ocean and takes sea shells, without Aqua Lung. This work focuses on the present and history of AMA culture, which exists since 3000 years ago. This culture are now harmed by ocean pollution and climate change. "AMA-Perlentaucherin" addresses the relationship between Nature and Human and the joy of life with fluid movements, video installation and music by Thorsten, a german composer who works as a director of Tangerine Dream. The performance in 2020 had been canceled due to Covid-19 pandemic, Yoriko decided to present it online as a 360° video work, enabling people to experience new sensations of dance, that can be only realized with digital technology.

Yoriko MaenoYoriko Maeno

19歳よりコンテンポラリーダンス、ミュージカル、オペラや演劇などジャンルを越え国際的に活躍。2008年より自身の創作活動を始め国内外様々な都市で作品を発表。2013年文化庁在外派遣研修員。2019年、ベルリン芸術大学提携研修講座にて発表した高齢者とのダンスプロジェクトが注目を集める。現在はベルリンを拠点に振付家・ダンサー・講師として活動。繊細な身体性と、社会的事象を幻想性に昇華する作品性が特徴。
Yoriko is a choreographer and dancer in Berlin. With her rich experience as a dancer in renowned theaters in Japan and Germany, she started her own projects as a choreographer in 2008. In 2013 she got scholarship from Japanese government and studied dance pedagogy, in the course cooperated with Universität der Künste Berlin. Her works generate the alternative world, where people can see what remains hidden in our society, not only by movements but also by soundscapes and video installation.