こまばアゴラ劇場Komaba Agora Theater
〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13 Map1-11-13 Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-0041Map
2.12 Fri 19:30
2.13 Sat 15:00 / 19:30
2.14 Sun 15:00
上演時間Run Time 75分75min
2.12 Fri 19:30
2.13 Sat 15:00 / 19:30
2.14 Sun 15:00
上演時間Run Time 75分75min
日本語Japanese
オーディエンス
Audience

Adv|¥3,500

Door|¥3,800

 

 
*日時指定・全席自由
*未就学児入場不可
 
作|太田省吾 
振付・演出|きたまり
出演|奥山ばらば きたまり
照明|三浦あさ子
音響|佐藤武紀
音楽|やまみちやえ
衣装|大野知英 
舞台監督|浜村修司
ドラマトゥルク|新里直之
アシスタント|御厨亮
宣伝美術|升田学
制作|山﨑佳奈子

主催・企画制作|ダンスカンパニーKIKIKIKIKIKI

提携|(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力|京都芸術センター制作支援事業 KANKARA Inc. 


Written|Shogo Ota
Choreographer|Kitamari
Dancers|Baraba Okuyama,Kitamari
〈ひとりの娼婦が寝ている。目を凝らすと、それは、彼女の立ち姿だあることに気づく。〉というト書きから始まる、太田省吾の初期戯曲「老花夜想(ノクターン)」。 元・大駱駝艦の奥山ばらばをゲストに迎え、戯曲に描かれた12人の配役を、ふたりの身振りだけで描き、演劇・ダンス・舞踏の境界線に挑む意欲作。
〈A prostitute is sleeping. If you look carefully, you realize that it is her standing. 〉is the stage direction that opens Shogo Ota’s initial drama play “Nocturne.” Inviting Baraba Okuyama, a former member of Dairakudakan as a guest, it challenges to push the boundaries of Theater, Dance, and Botoh, by playing the 12 characters in the drama using just the movements of the two dancers.

きたまり/KIKIKIKIKIKIKitamari/KIKIKIKIKIKI

2003年振付家・きたまりの創作の場として活動開始。近年はマーラー全交響曲を振付するプロジェクトを開始し、2作目『夜の歌』で文化庁芸術祭新人賞(2016年度)を受賞。また外部の活動としては、長唄を使用し60分間ソロで見せる木ノ下歌舞伎『娘道成寺』、嵯峨大念佛狂言のお囃子との共演『あたご』の上演など、日本の芸能を素材にした創作や、国内外でジャンルを越境した多岐にわたる活動を展開している。
In 2003, it has started as a place for choreographer Kitamari’s creation. She has won the New Artist Award at the Agency for Cultural Affairs National Arts Festival in 2016 for “Nachtmusik,” which is a part of her series of dances for all of Mahler’s Symphonies. Kitamari creates works based on traditional Japanese performing arts such as “Musume-dojoji” by Kinoshita Kabbuki, a 60 minutes solo dance using Nagauta, and “ATAGO,” a piece which co-stars the music of Saga Dainenbutsu Kyogen.