声を遊ぶもくろみ『鮭スペアレ版・リチャード三世』試演会Richard III(work in progress)

鮭スペアレSYAKE-SPEARE

CHABOHIBA HALLCHABOHIBA HALL
東京都立川市幸町4-17-1Map4-17-1 Saiwai-cho, Tachikawa-shi, TokyoMap
2.14 Sun 15:00 - 15:30
オンライン配信Accessible online
2.14 Sun 15:00 - 15:30
上演時間Run Time 30分30mins
2.14 Sun 15:00 - 15:30
オンライン配信Accessible online
2.14 Sun 15:00 - 15:30
上演時間Run Time 30分30mins
日本語(英語字幕なし)Japanese (no English subtitles)
オーディエンス

入場無料・完全予約制(2021年1月14日(木)9: 00発売開始・先着25名)

https://king-richard3- syakespeare.peatix.com/

Audience

Free (reservation required) ・only 25 sheets

https://king-richard3- syakespeare.peatix.com/

mail: info@syake-speare.com 

 
当日、Youtubeにて公演映像を無料配信予定。またアーカイブとして一定期間公開。Planned to live streaming and archiving on Youtube.
 

キャスト:清水いつ鹿・上埜すみれ・水上亜弓・宮川麻理子・中込遊里(以上鮭スペアレ) 宮﨑悠理・箕浦妃紗 他

楽器演奏:五十部裕明(パーカッション)・中條日菜子(バイオリン)・酒井将義(尺八)

主催:鮭スペアレ 演出:中込遊里 音楽監修:五十部裕明 ドラマトゥルク・構成:宮川麻理子 能楽指導:一瀬唯 演出助手:時田光洋 美術:北山聖子 衣装:田中麻里 宣伝美術:上埜すみれ 照明:植村真 舞台監督:林周一(風煉ダンス)
収録配信:山縣昌雄 写真撮影:bozzo 制作:片ひとみ 協力:たちかわ創造舎・風煉ダンス

Cast: SHIMIZU Itsuka, UENO Sumire, MIZUKAMI Ayumi, MIYAGAWA Mariko, NAKAGOME Yuuri, MIYAZAKI Yuuri, MINOURA Hisa
Music: ISOBE Hiroaki, CHUJO Hinako, SAKAI Masayoshi

『リチャード三世』は、鮭スペアレが取り組んでいる、シェイクスピア作品を坪内逍遥訳で上演する企画の第5弾。その外見から疎まれ続けたリチャード三世は、饒舌に語り言葉によって周囲を惹きつけ権力を手にするものの、王座に上り詰めた途端その言葉は力を失う。本作ではリチャードを、形を持たず移り変わっていくものとして描き、どんな時代にあっても再び現れてくる、言葉巧みな為政者の姿を浮かび上がらせる。「台詞を語る俳優の身体」は、「何者にもなり切らない」能という演劇の形式を借りて、リチャードを現代に描き出すであろう。 言葉が消費され溢れている現代に、『リチャード三世』を通して改めて「言葉」に向き合うことを試みる。 本試演会に合わせて、坪内逍遥訳の『リチャード三世』をノーカットで朗読し、毎週配信中。https://radiotalk.jp/program/61300

« Richard Ⅲ» is our 5th project to represent the Shakespeare’s drama by using the translation by Tsubouchi Shoyo. Richard Ⅲ, having an unpleasant appearance, attracts surroundings by his tremendous words and extraordinary speech. However, this magic force of words disappears when he come to the throne. We represent RichardⅢ as the figure of ‘inform’, who changes his appearance with the time. ‘The bodies of actors speaking lines’ represent Richard by the form of Noh theatre, that the actors never completely get into the characters. Altogether with the performance, we are making radio program. https://radiotalk.jp/program/61300

鮭スペアレSYAKE-SPEARE

東京都立川市を拠点とする、女性中心の劇団。団体名の由来はシェイクスピア(Shakespeare)をローマ字で読み、 旗揚げ二人のイニシャルになぞらえてhをyと置き換えたもの。2010年より日本語の発語から発想する音楽劇を上演。 力強さと柔らかさを兼ね備えた何ものにもならないニュートラルな身体と音声・ジェンダーフリーのキャスティングで 「コンテンポラリー能」とも言われる独特の世界観を築く。
SYAKE-SPEARE has launched in 2006, based out of Tokyo; Tachikawa city. Since 2010, we have performed original musical plays with live music, using the sound of the Japanese language. Featuring dynamic and adaptable actresses using their neutral body as a blank canvas, we create original pieces that are sometimes called contemporary Noh. SHAKE-SPEARE’s “Macbeth” was picked up by a magazine “American Theatre” May/June 2019 issue.https://www.americantheatre.org/category/issue/may-june-2019/