チェルフィッチュ×金氏徹平『消しゴム山』東京公演chelfitsch x Teppei Kaneuji “Eraser Mountain”

チェルフィッチュchelfitsch

あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)OWLSPOT THEATRE
〒170-0013 東京都豊島区東池袋 4-5-2 ライズアリーナビル 2FMapRise Arena Building 2F, 4-5-2 Higashi-Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo,170-0013Map
2.11 Thu 17:00
2.12 Fri 12:00 / 17:00
2.13 Sat 12:00 / 17:00
2.14 Sun 14:00
オンライン配信Accessible online
2.13 Sat 17:00
2.14 Sun 14:00
上演時間Run Time 130分130min
2.11 Thu 17:00
2.12 Fri 12:00 / 17:00
2.13 Sat 12:00 / 17:00
2.14 Sun 14:00
オンライン配信Accessible online
2.13 Sat 17:00
2.14 Sun 14:00
上演時間Run Time 130分130min
日本語(日英字幕あり)Japanese (subtitled in English and Japanese)
オーディエンス

全席指定 

前売 

一般(4,500円)

29歳以下(3,500円)

豊島区民割引(4,000円、豊島区在住・在勤・在学/要証明書提示)  

障害者割引(3,000円、介助者1名まで無料)

 

当日 

一般(4,800円) 

29歳以下(3,800円) 

障害者割引(3,000円、介助者1名まで無料)※前売・当日同額

 

※未就学児は膝上観劇可(入場無料)。ただし席が必要な場合はチケットをお求めください。

 

プレイガイド

Peatix* https://precog-tickets.peatix.com

ぴあ https://t.pia.jp/ (Pコード:504665)

ローチケ https://l-tike.com/ (Lコード:L35739)

**としまチケットセンター

電話:0570-056-777 窓口:としま区民センター1 階

(電話 10:00-17:00 窓口 10:00-19:00/臨時休業あり) 

https://www.owlspot.jp

 

*Peatixのみ:障害者割引、日英バイリンガル予約可

**としまチケットセンターのみ:豊島区民割引

※車椅子でご来場の方、 鑑賞サポートをご希望の方は株式会社precog reserve.precog@gmail.comまでご連絡く ださい。

 

チケット発売:1月16日(土)午前10時〜

Audience

All seats reserved
Advance
Adult ¥4,500
Youth(U29) ¥3,500  
Disability discount ¥3,000

 

Day
Adult ¥4,800 
Youth(U29) ¥3,800
Disability discount ¥3,000

 

Ticket release

1/16 (Sat) 10:00 a.m~

 

Peatix https://precog-tickets.peatix.com

 

演劇という人間のための営みを通して、人間とモノ、それらを取り巻く環境とがフラットな関係で存在する世界を生み出すことはできるだろうか。 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市。岡田利規が津波被害を防ぐ高台の造成工事で驚異的な速度で人工的に作り変えつつあった風景を目撃したことから構想された「人間的尺度」を疑う作品は、彫刻の領域を拡張し続ける美術家・金氏徹平をコラボレーターに迎え『消しゴム山』として実現した。無数にモノの並ぶ空間で俳優はモノと新たな関係を構築し、それを目撃する観客もまた、世界を新たな目で見ることになる。 2019年10月の『消しゴム山』京都初演から1年。劇場からスタートした試みは美術館版『消しゴム森』、日常空間版『消しゴム畑』と、さまざまな空間へと展開してきた。再び劇場へと回帰した『消しゴム山』はどのような風景を描き出すのか。「消しゴム」シリーズの最新形。

Through theater, an activity for people, is it possible to bring forth a world in which human beings, things, and the environment surrounding them all exist in a flat relationship? About one year has passed since the first performance of Eraser Mountain, which debuted in Kyoto in October 2019. The project, which began with theaters, has since been expanded to include various other types of space such as "Eraser Forest"(Museum ver.), "Eraser Fields"(Living space ver.). Eraser Mountain has returned to the theater, and all are waiting to see what sort of landscape it will present. This is the latest edition in the Eraser series.

チェルフィッチュchelfitsch

岡田利規が脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』(第49回岸田國士戯曲賞受賞作品)にて国外進出を果たして以降、国内外合わせて90都市以上での上演歴を持つ。近年は、海外のフェスティバルによる委託作品製作の機会も増えており、活動の幅をさらに広げている。
This theatre company was founded in 1997 by Toshiki Okada. The troupe has been applauded for its unique use of language and physicality, and is a focus of keen attention, both inside and outside Japan, as one of the leaders of contemporary theatre. It has performed works in more than 90 cities around the world. In recent years, the company has increasingly been receiving commissions to produce works for festivals in other countries, and continues to widen the sphere of its activities.