児玉北斗ダンス作品『Pure Core』配信+「ダンスをめぐる12の文章」オンライン・トークイベント"Pure Core" Online Screening + "12 Writings on Dance" Online Symposium

児玉北斗Hokuto Kodama

オンラインのみOnline only
MapMap

オンライン配信

2.4 THU - 2.14 SUN

 

トークイベント

2.4 THU 20:00-21:20

Accessible online

2.4 THU - 2.14 SUN

 

Talk event

2.4 THU 20:00-21:20

トークイベントは日本語のみで開催します。The symposium will be held in Japanese.
オーディエンス

児玉北斗ダンス作品『Pure Core』配信

こちらのページにて公開されます
https://purecoredance.peatix.com/

価格:1000

 

「ダンスをめぐる12の文章」オンライン・トークイベント

無料・要予約
(ご予約はこちらから→https://forms.gle/z9iro7N3RUpyQk9K6

 

その他の詳細や関連資料は https://purecore.hokutokodama.com へ

Audience

"Pure Core": Online Screening

https://purecoredance.peatix.com/

Fee: 1000JPY

 

"12 Writings on Dance" Online Symposium

Fee: Free (reservation required https://forms.gle/z9iro7N3RUpyQk9K6)

 

For the details, please visit https://purecore.hokutokodama.com

 
児玉北斗ダンス作品『Pure Core』配信
2021年2月4日から2月14日までの期間中、オン・デマンド配信。好きな時間にいつでもご覧いただけます。
価格:1000円

「ダンスをめぐる12の文章」オンライン・トークイベント
2021年2月4日 20:00-21:20 Zoomにて無料のトークイベントを開催、要予約。

*トーク内容は期間中に配信しますダンス作品『Pure Core』、並びに既に公開中の「ダンスをめぐる12の文章」(https://writings.hokutokodama.com)掲載の各エッセイを踏まえたものとなりますので、そちらと併せて御覧いただけると、よりお楽しみ頂けます。
"Pure Core": Online Screening
Feb. 4-14, 2021. On-demand screening on the website (Vimeo).
Fee: 1000JPY

"12 Writings on Dance" Online Symposium
Feb. 4, 2021 at 20:00-21:20
The symposium will be organized through Zoom.
Fee: Free (reservation required)
*Please note: the talk will be held in Japanese without translation.
 

『Pure Core』
初演|2020年12月4日-6日
会場|THEATRE E9 KYOTO

出演|黒田健太 藤田彩佳 益田さち
振付|児玉北斗
照明|藤本隆行(Kinsei R&D)
音楽|平野みどり(MimiCof)
音響|高田文尋(株式会社ソルサウンドサービス)
舞台監督|河村竜也
制作|竹宮華美
映像|長良将史
写真|金サジ
滞在制作協力 | 太田夏来
ビジュアルデザイン|三重野龍

主催|児玉北斗
共催|Kinsei R&D
助成|公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団
公益財団法人 小笠原敏昌記念財団
文化芸術活動の継続支援事業
提携|THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
滞在制作|城崎国際アートセンター(豊岡市)
京都芸術センター制作支援事業

"Pure Core"
Premiere: Dec. 4th, 2020 at THEATRE E9 KYOTO

Dancers: Ayaka Fujita, Kenta Kuroda, Sachi Masuda
Choreography: Hokuto Kodama
Lighting: Takayuki Fujimoto (Kinsei R&D)
Music: Midori Hirano (MimiCof)
Sound Engineering: Fumihiro Takada(SOL Sound Service)
Stage Manager: Tatsuya Kawamura
Management: Hanabi Takemiya
Video: Masashi Nagara
Photo: Sajik Kim
Residency Support: Natsuki Ota
Visual Design: Ryu Mieno

「ダンスは毒であり、薬である。」 振付家としての活動と並行してダンス研究にも関わる児玉北斗が、現代思想、舞踊史、そしてクラブ・カルチャーを参照しつつ『Pure Core』で考察するのは、初期モダンダンスにおいて鬱々とした疎外の経験を表現した「踊る身体」や、日本の風営法による規制対象として排除と偏見にさらされてきた「踊る身体」である。2020年12月に京都で初演を迎え、その芸術的・理論的な強度によって圧倒的な評価を得たダンス作品の記録映像を、期間限定でオンライン配信。また、創作と並行して進められたウェブ企画「ダンスをめぐる12の文章」に関連したオンライン・トークも開催し、児玉を始めとしたアーティストや研究者たちがダンスの実践をめぐる現代的な問題系について議論を展開する。

"Dance is a poison and a cure." For a long time, the dancing bodies at the clubs have been repressed by the law in Japan, for their "atmosphere of enjoyment" may cause improper behaviors. Taking references from postmodern philosophy and dance history, Hokuto Kodama explores such excluded bodies as the mirror images of the early modern dance's "Alien Bodies", where their expression of alienation drew audiences' empathy. "Pure Core" lets the audience dive into the politics of dancing bodies in the club like hardcore environment, and it has quickly gained critical acclaim for its artistic and intellectual achievement upon its recent premiere in Kyoto.

児玉北斗Hokuto Kodama

ダンサー/振付家/ダンス研究者。ヨーテボリオペラ・ダンスカンパニーなど北米やヨーロッパでダンサーとしてキャリアを積んだのち、ストックホルム芸術大学(DOCH)にて芸術学修士(振付)を取得、現在は京都を拠点として活動する。近代における主体・身体の政治性とコレオグラフィーの連関について当事者的な問題意識を持ち、緻密な哲学的思考を展開する作品を制作している。
Hokuto Kodama has been playing a strong role as a dancer in internationally renowned dance companies such as GöteborgsOperans Danskompani. In 2018, he received MFA in Choreography from Stockholm University of the Arts (DOCH), and currently based in Kyoto as a researcher and choreographer. His work operates as a philosophical inquiry into the discourses of modernity, body politics and subjectivity, in relation to choreography as a system of knowledge and power.