ジャグリング公演『フニオチル』Juggling performance “FUNI-OCHIRU (Convincing)”

Juggling Unit ピントクルJuggling Unit Pintcle

若葉町ウォーフWAKABACHO WHARF
〒231-0056 横浜市中区若葉町3-47-1Map3-47-1 Wakaba-cho, Naka-ku, Yokohama 231-0056Map
オンライン配信Accessible online
2.13 Sat 14:00 - 17:00
2.14 Sun 14:00 - 17:00
上演時間Run Time 180分180min
オンライン配信Accessible online
2.13 Sat 14:00 - 17:00
2.14 Sun 14:00 - 17:00
上演時間Run Time 180分180min
日本語Japanese
オーディエンス

無料

YouTube Live
https://youtu.be/D6ElAMnB18s

Audience
 
【タイムスケジュール】
2/13(土) ,14(日)
映像配信 14:00-17:00
14:00- 大橋家
15:00- 染谷樹
16:00- KOMEI
※各演者1h(パフォーマンス、トークなど含む)

【冊子の販売】
「ジャグリングの可能性を言葉にする」をテーマとした冊子『フニオチル』を販売する。
主な内容
・座談会「ジャグリング30年を振り返る」
・論考「身体と道具をつなぐもの」
・ジャグリング塾「ぴんとくるくる浄土」参加者レポート
など。
-Schedule-
13 Feb. (Sat.), 14 Feb. (Sun.)
Live streaming 14:00-17:00

14:00- Oohashi-ke
15:00- Tatsuru Someya
16:00- KOMEI
※1h for each performer(including performance, talk, and more)

-Booklet-
Along with the show, we will sell a small booklet "FUNI-OCHIRU” which is based on the theme of "putting the possibilities of juggling into words”.

Main contents
-A round-table discussion: "Looking back on 30 years of juggling in Japan”
-Discussion "What connects the body and props".
-Juggling school "Pintokurukuru Jodo" participants' reports
etc.
 
【出演】
KOMEI
大橋家
染谷樹
-Juggler-
Oohashi-ke
KOMEI
Tatsuru Someya
「もの」と向き合う時、人は孤独である。人は孤独でなければ、「もの」と向き合うことができない。 新型感染症の流行によって、集まることが難しくなった。その中でピントクルの活動も変容を余儀なくされ、2020年春に企画していた公演は無観客で行われた。観客のいない本番は、孤独に「もの」と向き合うことの意味を示しているように思われた。それは理想的なジャグリングを共有する場ではないか。 本企画は、あえて積極的に無観客公演を行うものである。 本公演は、オムニバス公演である。「ジャグリング入門」をテーマとして、日本のジャグリングの最も良質な部分を象徴する三組を集めた。それぞれのパフォーマンスを通じて、ジャグリング=「身体と道具をつなぐもの」の深みを感じてもらいたい。
When we truly intend to interact with “objects”, we all have to be alone. The new epidemic has made it difficult for people to gather. Our activities were forced to be transformed also, and the performance planned for the spring of 2020 took place without an audience and it accidentally suggested what it means to interact with "objects" in solitude. This project is an active experiment of performing without an audience. This is an omnibus performance under the theme "Introduction to Juggling". We invited three artists that represent the best parts of Japanese juggling. We hope the audience will be able to feel the depth of juggling, which specifically is the link between body and objects.
Naoya Aoki

Juggling Unit ピントクルJuggling Unit Pintcle

2014年京都にて結成。「現代におけるジャグリングの可能性を追求する」を目的とした団体。 ジャグリング舞台作品の創作、パフォーマンス活動などを行なっていたが、現在はオムニバス公演やワークショップの企画に注力している。 代表は中西みみず。
Founded in Kyoto in 2014, the group aims to "pursue the possibilities of juggling in the modern age". They had been performing and creating juggling stage shows since the beginning, but are now focusing on organizing omnibus performances and workshops. The group is directed by Mimizu Nakanishi.
Naoya Aoki