かながわアートホールKanagawa Art Hall
神奈川県横浜市保土ケ谷区花見台4-2Map4-2 Hanamidai, Hodogaya-ku, Yokohama, KanagawaMap
2.10 Wed 18:00 - 19:00
上演時間Run Time 60分60min
2.10 Wed 18:00 - 19:00
上演時間Run Time 60分60min
日本語・英語Japanese and English
オーディエンス

無料

Audience

Free

 
無観客公演にて実施。TPAM期間中オンデマンド配信を行います。
プログラム変更「REICH85 / kuniko plays reich」
 

音楽:スティーヴ・ライヒ
演奏:加藤訓子
音響:寒河江ゆうじ
照明:岩品武顕

Music. Steve Reich
Performer. Kuniko
Sound Engineer. Yuji Sagae
Lighting Design. Takeaki Iwashina

ミニマル・ミュージックを世に知らしめたライヒの代表作「ドラミング」。 2018年グローバルリースの本作品は、既に世界各紙において各国評論家より高く評価され、国内では、平成30年度(第73回)文化庁芸術祭優秀賞を受賞。スティーヴ・ライヒ自身、その結果を「驚くべき喜び」と賞賛する。 欧州時代、ダンスカンパニー・ローザスのワールドツアーに参加し、アンサンブル・イクトゥスと数多くのライブを演奏している加藤訓子が、パーカッション(ボンゴ、マリンバ、グロッケンシュピール)、ヴォイス、ピッコロ、口笛、計12名全てのパートを自身の演奏で多重録音し、アンサンブルでは決して表現し得ないドラミングの持つ最上のディテールを紡ぎ出す。 「ドラミング」ソロ・オーバーダブでのアルバムとそのライブ版は、作曲家と出版社が正式許諾した世界初のソロヴァージョンとなる。

In Drumming KUNIKO delivers a tour-de-force performance of the work which is widely considered minimalism’s first masterpiece. Performing all thirteen parts herself, and adopting the same multi-track approach which was so successful on kuniko plays reich, KUNIKO once again displays the technical virtuosity and flawless musicianship for which she is renowned. This seminal work employs Reich’s trademark phasing technique; subtle changes in timing and timbre cause the soundscape to build through a series of rhythmic loops which gradually evolve to create a wholly immersive experience.

加藤訓子Kuniko Kato

「巨匠への通過儀礼もクニコには、勝利の儀式に過ぎない。」グラモフォン(英)「力強く、繊細、根源的でエレガント、ブリリアント。」サンデータイムズ紙(英)愛知県豊橋市出身。桐朋学園大学研究科修了後に渡欧、ロッテルダム音楽院を首席で卒業。英国の高音質で知られる世界的レーベルLINNからCDを出す唯一の日本人アーティスト。パール楽器・アダムス社グローバルエンドーサー。
The Sunday Times described ‘Meticulous and muscular performances, at once elemental and elegant. Brilliant.' Whilst the world authority of music Gramophone praised ’Kuniko passes this rite triumphantly.' Kuniko Kato is one of the world leading percussion virtuoso from Japan. Kuniko is the only Japanese artist signed to Linn Records. She is endorsed globally by Pearl and Adams (NL). She currently resides in USA.