Baobab Re:born project vol.2 『アンバランス』Baobab Re:born project vol.2 "unbalanced"

BaobabBaobab

神奈川県立青少年センター スタジオHIKARI Kanagwa Prefectual Youth Center Studio HIKARI
神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1Map9-1 Momijizaka, Nishi-ku, Yokohama city, KanagawaMap
2.11 Thu 14:00 - 15:00 / 19:00 - 20:00
2.12 Fri 14:00 - 15:00 / 18:00 - 19:00
上演時間Run Time 60分60min
2.11 Thu 14:00 - 15:00 / 19:00 - 20:00
2.12 Fri 14:00 - 15:00 / 18:00 - 19:00
上演時間Run Time 60分60min
日本語Japanese
オーディエンス
一般 3,000円
U25   2,500円
高校生以下 1,000円
(当日500円増し)
Audience

General: ¥3,000

Under 25: ¥2,500

Under high school student: ¥1,000

(At door: +¥500)

 
<チケット>

発売日:2021年1月11日(月)

《Peatix》
https://baobab-unbalance.peatix.com

《メール》
メールアドレス:baobab.k08@gmail.com
件名を「アンバランスチケット」とし、下記必要事項を本文に入力してお送りください。
こちらからの返信を持って申し込み完了となります。
①お名前(ふりがな) ②希望日時 ③券種、枚数 ④電話番号 ⑤メールアドレス
<Ticket>

《Peatix》*You can change language on website.
https://baobab-unbalance.peatix.com

《Email》
baobab.k08@gmail.com
Title: Unbalance ticket
1: Name
2: Date
3: Number
4: Tel
5: Email
 

振付・構成・演出:北尾亘
出演:
河内優太郎 シュミッツ茂仁香 伊藤まこと 福島玖宇也 北尾亘

舞台監督:熊木進
照明:久津美太地(Baobab)
音響:相川貴
映像製作・ドラマトゥルク:中瀬俊介(Baobab)
演出助手:米田沙織(Baobab)
制作:白井美優(Baobab)
プロデューサー:目澤芙裕子(Baobab)
主催:Baobab / ゴーチ ・ブラザーズ

Choreographer: Wataru Kitao
Performer: Yutaro Kawachi, Monika Schmitz, Makoto Ito, Kuya Fukushima, Wataru Kitao

Stage manager: Susumu Kumaki
Lighting designer: Daichi Kutsumi (Baobab)
Sound designer: Takashi Aikawa
Video designer / Dramaturg: Syungsuke Nakase
Assistant choreographer: Saori Yoneda (Baobab)
Production manager: Miyu Shirai (Baobab)
Producer: Fuyuko Mezawa (Baobab)

Organizer: Baobab / Gorch Brothers

過去発表した作品と改めて対峙し、生まれ変わらせるBaobabの新たなプロジェクト「Re:born project」の第二弾。2009年桜美林大学在学中に発表した作品『アンバランス』は、2012年にトヨタコレオグラフィーアワード2012で発表した『vacuum』という新作に生まれ変わり、オーディエンス賞を受賞。2009年初演から10年を経た今、『アンバランス』に立ち返り、上田市交流芸術センターサントミューゼでのレジデンス製作で改めて作品と向き合いRe:bornする長編作品。2021年7月、シアタートラムでフルスケールバージョンとして上演予定。

The new project of Dance company Baobab "Re:born project" is that choreographer Wataru Kitao faces with his current sense and recreates his previous piece. "Unbalanced" is the piece created in 2009 and got prized TOYOTA choreography award 2012 as recreated pieces "vacuum". Now, he recreates again with his primitive sense. This piece is created in Santomyuse residency project.

北尾亘Wataru Kitao

2009年ダンスカンパニーBaobab」主宰。柿喰う客や木ノ下歌舞伎など舞台作品のほか、TVドラマ、CM、映画に振付。演劇ユニット「さんぴん」メンバーとしても活動。尚美学園大学・桜美林大学非常勤講師。急な坂スタジオサポートアーティスト。横浜ダンスコレクション2018コンペティションI「ベストダンサー賞」受賞、2020年ニューヨークダンス&パフォーマンスアワード「ベッシー賞」ノミネート。
Wataru is the choreographer of Dance Company Baobab and invited to several festivals e.g .Tanzmesse nrw 2020, CINARS 2020 and Sanfrancisco International Arts Festival. He choreographs not only dance work but also TV, Movie and theater play. He teaches dance class in Shobi University and Oberlin University. He got a prize in The Yokohama Dance Collection 2018 Competition 1 “Best Dancer” and nominated New York Dance &Performance Award "Bessies Award 2020"