イブイブ・ベルー:国境の身体IBUIBU BELU: Bodies of Borders

エコ・スプリヤントEko Supriyanto

KAAT神奈川芸術劇場 ホールKAAT Kanagawa Arts Theatre, Hall
〒231-0023 横浜市中区山下町281Map281 Yamashita-cho, Yokohama 231-0023 Map
2.12 Wed 19:00
上演時間Run Time 60分60 min
2.12 Wed 19:00
上演時間Run Time 60分60 min
オーディエンス

前売・当日¥3,500

プロフェッショナル

¥1,500

Adv & Door¥3,500

¥1,500

 

共同製作:東ヌサ・トゥンガラ州政府 (アタンブア), AsiaTOPA (メルボルン), SPRING Festival (ユトレヒト), Theater im Pumpenhaus (ミュンスター), TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜, Komunitas Salihara (ジャカルタ), Ratnasari Langit Pitu (ジャカルタ)

Co-produced by the Local Government Nusa Tenggara Timur (Atambua), Asia TOPA (Melbourne), SPRING Festival (Utrecht), Theater im Pumpenhaus (Münster), TPAM – Performing Arts Meeting in Yokohama, Komunitas Salihara (Jakarta) and Ratnasari Langit Pitu (Jakarta)

国際的に評価された『Cry Jailolo』『Balabala』『SALT』に続き、インドネシアのダンサー/振付家エコ・スプリヤントは、さらに東方へと目を向け、東ヌサ・トゥンガラ州のベルーという地域の伝統舞踊をリサーチしました。

『イブイブ・ベルー』は、ティモール島の社会的基礎を構成する重要な要素である伝統舞踊「リクライ」に関する2年間のリサーチの到達点です。

現在は政治的に押しつけられた国境により東ヌサ・トゥンガラ州と東ティモールに分断されている人々が本来持つ親近性をリクライは示しています。そのことをスプリヤントは動き、リズム、歌、テキスタイルの伝統の探求を通して明らかにします。5人のダンサー(1人は東ティモール側の出身)と彼女らの個人史に凝縮されたその記憶がリクライを通して表現され、身体が、政治的境界に制約されながら、同時にそれを超えようともするものであるという逆説を提示します。

Following the international success of his acclaimed works Cry Jailolo, Balabala and SALT, Indonesian dancer and choreographer Eko Supriyanto sets his sights further east to explore the unique dance traditions and rituals of the Indonesian region of Belu in Nusa Tenggara Timur.

IBUIBU BELU is the culmination of two years of research into the Likurai, a dance tradition which forms a vital thread in the social fabric across the island of Timor.

Through his exploration of movement, rhythm, songs and textile traditions Supriyanto makes manifest the ways in which Likurai dance carries the kinship of people who are now divided by politically imposed borders separating Nusa Tenggara Timur and neighbouring Timor-Leste. These memories are embodied in the five dancers – one of whom originates from East Timor – and their lived histories as expressed in Likurai, paradoxical proof that bodies challenge political boundaries while at the same time remaining restricted by them.

エコ・スプリヤント(スラカルタ)Eko Supriyanto (Surakarta)

インドネシアのスラカルタを拠点とするエコスダンス・カンパニーとソロ・ダンススタジオの設立者/芸術監督。インドネシアで彼の世代を代表するダンサー/振付家。7歳よりジャワの宮廷舞踊とインドネシア武術を学び、商業的プロダクションからリサーチプロジェクトまで活動は幅広い。近年の代表作に『Cry Jailolo』『Balabala』『SALT』はインドネシア、ヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋地域をツアーしている。2014年にガジャ・マダ大学でパフォーマンス・スタディーズの博士号を取得。

Founder and artistic director of EkosDance Company and Solo Dance Studio in Surakarta, Indonesia, Eko is the leading Indonesian dancer and choreographer of his generation. Trained in Javanese court dance and Indonesian martial arts since the age of seven Eko’s career spans both commercial and research works. Recent major performances Cry Jailolo, Balabala and SALT tour throughout Indonesia, Europe, America and the Asia Pacific. Eko holds a PhD in Performance Studies (2014) from Gadjah Mada University.

Photo by David Fajar