グループ・ミーティングGroup Meeting

横浜市開港記念会館Yokohama Port Opening Memorial Hall
〒231-0005 横浜市中区本町1-6Map1-6 Honcho, Naka-ku, Yokohama 231-0005Map

2.10 Mon12:00 - 17:00

2.11 Tue12:00 - 17:00

2.12 Wed12:00 - 17:00

2.10 Mon12:00 - 17:00

2.11 Tue12:00 - 17:00

2.12 Wed12:00 - 17:00

オーディエンス
 

ご入場いただけません

プロフェッショナル

ホスト登録料¥5,000 - 24,000
入場料¥0

*ホスト登録料は部屋のサイズや付属サービスによって異なります。詳細はマイページをご覧ください。

Audience
 

No public admission

Host registration fee¥5,000 - 24,000
Admission¥0

*The host registration fee varies in accordance with the size of the room and services included. Please see My Page for details.

 

*グループ・ミーティングの前後に同会場で海外団体によるレセプションなどを予定しています。

*Receptions by international delegates are planned to be held in the same venue before and after the Group Meetings.

TPAM参加者を対象に、自由にテーマを設定して10〜110名のカジュアルなミーティングを開催することができるプログラム。プロジェクトや施設の紹介、舞台芸術と社会の関係など幅広いテーマが提案され、活発な議論と交流が展開します。ミーティングを開催するには、TPAM参加登録料に加え、別途ホスト登録料が必要です。

ホスト登録締め切りは2020年1月13日(月・祝)です。

TPAM registrants can propose a theme and host an informal group meeting with 10 to 110 participants. Diverse themes ranging from the promotion of projects or facilities to discussion on social issues in relation to the contemporary performing arts are proposed. A fee in addition to the TPAM registration fee is required to host a group meeting.

Host registration deadline is Monday January 13, 2020 (Japan Standard Time).

グループ・ミーティング テーマ一覧Group Meeting Themes

2.10(月)2.10 Mon

12:00-12:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 私はここへ、あなたはそこへ-“エクスチェンジ”とは何か? I come here, you go there – what’s the meaning of exchanges? June Tan (Five Arts Centre/ Producer)June Tan (Five Arts Centre/ Producer)
4号室Room 4 アトリエ銘苅ベースでの滞在制作についてAbout Atelier Mekaru Base’s residency program 鳥井由美子(アトリエ銘苅ベース)Yumiko Torii(Atelier Mekaru Base)
6号室Room 6 【超ダイバーシティ芸術祭】演目を通じたアクセシビリティ環境への取組みのご紹介①【True Colors Festival】Introduce to our accessibility policy for each program [1] 森 真理子(日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、True Colors Festival チーフ・ディレクター/事務局長)、中村 茜(株式会社precog、True Colours Festival アソシエイト・ディレクター/副事務局長)Mariko Mori (The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS, True Colors Festival Chief Director / Chief Manager), Akane Nakamura (precog co.,LTD., True Colors Festival Director / Deputy Manager)
7号室Room 7 都市横断ネットワークの形成Building up the cross cities network Asian Producers’ Platform (APP) Asian Producers’ Platform (APP)
9号室Room 9 相互的な国際ネットワーキングへのアプローチAn approach to reciprocity and International Networking アラン・パレ(シナール 代表取締役), 久山友紀(ケベック州政府在日事務所 文化・公的機関担当官)Alain Paré(CEO, CINARS), Yuki Kuyama(Cultural Attaché, Délégation générale du Québec à Tokyo)

13:00-13:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 2020 Want to Dance FestivalとShinehouse Theatre(曉劇場)のオープン2020 Want to Dance Festival and Shinehouse Theatre are ready to Open Shinehouse Theatre(曉劇場)Shinehouse Theatre(曉劇場)
4号室Room 4 シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
6号室Room 6 【超ダイバーシティ芸術祭】演目を通じたアクセシビリティ環境への取組みのご紹介②【True Colors Festival】Introduce to our accessibility policy for each program [2] 森 真理子(日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、True Colors Festival チーフ・ディレクター/事務局長)、中村 茜(株式会社precog、True Colours Festival アソシエイト・ディレクター/副事務局長)Mariko Mori (The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS, True Colors Festival Chief Director / Chief Manager), Akane Nakamura (precog co.,LTD., True Colors Festival Director / Deputy Manager)
7号室Room 7 APP(アジア・プロデューサーズ・プラットフォーム)キャンプ 2019 報告会APP (Asian Producers' Platform) Camp 2019 Debrief 奥田安奈(A+K)、竹宮華美(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター)、目澤芙裕子(ダンスカンパニーBaobab/ゴーチ・ブラザーズ)、吉田雄一郎(城崎国際アートセンター)Anna Okuda (A+K), Hanabi Takemiya (Kyoto Performing Arts Center), Fuyuko Mezawa (Dance Company Baobab / Gorch Brothers), Yuichiro Yoshida (Kinosaki International Arts Center)
9号室Room 9 国際共同製作のプロセスーF/T19「オールウェイズ・カミングホーム」ケーススタディThe Process of International Co-production: A Case Study of the F/T19 "Always Coming Home" 滝口健(ドラマトゥルク、翻訳者)、ウカッシュ・ヴォイティスコ(ドラマトゥルク、ライター、劇作家、編集者)Ken Takiguchi (Dramaturge, Translator), Łukasz Wojtysko (Dramaturge, Writer, Playwright, Editor)

14:00-14:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 セゾン文化財団の助成プログラムについてAbout the Saison Foundation grant programs 岡本純子(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・オフィサー)、堤治菜(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・オフィサー)Junko Okamoto (Program officer, The Saison Foundation), Haruna Tsutsumi (Program officer, The Saison Foundation)
4号室Room 4 豪日共同制作:アーティストと食卓で食・音楽・語りを共有する新しい芸術体験Australian-Japanese collaborations in intimate social performance: food, music, and the art of sharing 厚地美香子(認定NPO法人あっちこっち 理事長、アート・プロデューサー)、浜野与志男(ピアニスト)、石塚英子(認定NPO法人あっちこっち理事、通訳)Mikako Atsuchi (Certified NPO Acchi Cocchi president, producer), Yoshio Hamano (Pianist), Hideko Ishizuka (Certified NPO Acchi Cocchi Board Member, interpreter
7号室Room 7 2020年「ふじのくに⇄せかい演劇祭」と「ストレンジシード静岡」のプログラム説明Introduction of World Theatre Festival Shizuoka and Street Theatre Festival STRANGE SEED SHIZUOA 丹治陽(SPAC-静岡県舞台芸術センター)、成島洋子(SPAC-静岡県舞台芸術センター)、若林康人(「ストレンジシード静岡」プログラム・ディレクター)、菅井一輝(「ストレンジシード静岡」フェスティバル・マネージャー)Haru Tanji (SPAC-Shizuoka Performing Arts Center), Yoko Narushima (SPAC, Shizuoka Performing Arts Center), Yasuhito Wakabayashi (Program Director of STRANGE SEED SHIZUOKA), Kazuki Sugai (Festival Manager of STRANGE SEED SHIZUOKA)
9号室Room 9 障壁と突破口: マカオ、あるは大湾区における共同制作Walls and breakthroughs: Making co-production in Macau or Greater Bay Area Erik Kuong (Independent Producer in Macau), Carrol Ho (Independent Producer, Hong Kong), Hui Hui Lai ( (Independent Producer, China)Erik Kuong (Independent Producer in Macau), Carrol Ho (Independent Producer, Hong Kong), Hui Hui Lai ( (Independent Producer, China)

15:00-15:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 梅田宏明の今後のプロジェクト(振付、インスタレーション、振付家ワークショップ他) Upcoming/Future Projects of Hiroaki Umeda (Choreography, Installation, Workshop for Choreographers and more) 梅田宏明(振付家・ダンサー・ビジュアルアーティスト)、田野入涼子(プロダクションマネージャー)Hiroaki Umeda (Choreographer, Dancer, Visual Artist), Suzuko Tanoiri (Production Manager)
4号室Room 4 国際交流基金の助成プログラムの紹介Grant Programs of The Japan Foundation 小林康博(国際交流基金文化事業部舞台芸術チーム、チーム長)、申熙晶(国際交流基金文化事業部舞台芸術チーム、主任)KOBAYASHI Yasuhiro (Director, Performing Arts Section Arts and Culture Dept. The Japan Foundation) ,SHIN Heejeong (Senior officer, Performing Arts Section Arts and Culture Dept. The Japan Foundation)
6号室Room 6 オランダのエキサイティングなパフォーミングアーツについてSome exciting performing arts from the Netherlands! Dutch Performing ArtsDutch Performing Arts
7号室Room 7 カナダのパフォーミングアーツ界の展望Perspectives on the Canadian Performing Arts Scene CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre).CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre).
9号室Room 9 フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)

16:00-16:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 リトアニアの現代美術と日本演劇作品の共同制作から今後の可能性についてFuture possibility of co-production between Lithuanian contemporary art and Japanese theater piece 松尾祐樹 (演劇ユニット富山のはるか/演出)Yuki Matsuo (Haruka from Toyama/director)
4号室Room 4 F/T19 日・ポ国際共同制作「オールウェイズ・カミングホーム」の作品紹介と成果報告Presentation and Report of F/T19 Japan-Poland International Co-production "Always Coming Home" 長島確(フェスティバル/トーキョー ディレクター)、アガタ・コワチュ(TR ワルシャワ劇場 国際プロジェクト統括)、バルバラ・トロヤノフスカ(JP-PL100プロジェクトマーネジャー、アダム・ミツキェヴィッチ・インスティチュート)、ウカッシュ・ヴォイティスコ(ドラマトゥルク、ライター、劇作家、編集者)Kaku Nagashima (Festival/Tokyo Director), Agata Kołacz (Head of International Projects, TR Warszawa), Barbara Trojanowska (JP-PL100 project manager, Adam Mickiewicz Institute), Łukasz Wojtysko (Dramaturge, Writer, Playwright, Editor)
6号室Room 6 ARTWAVEトーク: National Culture and Arts Foundation,Taiwan の紹介ARTWAVE Talk: Introduction to National Culture and Arts Foundation,Taiwan National Culture and Arts Foundation (NCAF, Taiwan)National Culture and Arts Foundation (NCAF, Taiwan)
7号室Room 7 カナダのパフォーミングアーツ界の展望Perspectives on the Canadian Performing Arts Scene CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre)CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre)
9号室Room 9 フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)

2.11(火)2.11 Tue

12:00-12:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 舞台芸術の広報を考えるLooking at public relations and the performing arts 雨宮 士郎(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局)、森隆一郎(「渚と」主宰)、小倉明紀子(フェスティバル/ トーキョー 広報チーフ)Shiro Amemiya(Performing Arts Meeting in Yokohama Secretariat), Ryuichiro Mori(Director, nagisato), Akiko Ogura(Public Relations Director, Festival/Tokyo)
4号室Room 4 Artist Farmの紹介 - Theatre Practice による Artist ResidencyIntroduction to Artist Farm - An Artist Residency by The Theatre Practice The Theatre PracticeThe Theatre Practice
7号室Room 7 アーティスト サロン レセプション CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)Artists’ Salon and Reception Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA) CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)
9号室Room 9 フィンランドとノルウェーからの舞台芸術の経験Experience performing arts from Finland and Norway Katarina Lindholm (Manager of international affairs, Dance Info Finland), Lotta Nevalainen (Head of International Development, Circus Info Finland), Geir Lindahl (Adviser, PAHN – Performing Arts Hub Norway)Katarina Lindholm (Manager of international affairs, Dance Info Finland), Lotta Nevalainen (Head of International Development, Circus Info Finland), Geir Lindahl (Adviser, PAHN – Performing Arts Hub Norway)

13:00-13:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 シンガポールにおける自主制作Independent Producing in Singapore Hoo Kuan Cien and Mohamad Shaifulbahri (Shai), Producers SGHoo Kuan Cien and Mohamad Shaifulbahri (Shai), Producers SG
4号室Room 4 Artist Farmの紹介 - Theatre Practice による Artist ResidencyIntroduction to Artist Farm - An Artist Residency by The Theatre Practice The Theatre PracticeThe Theatre Practice
7号室Room 7 アーティスト サロン レセプション CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)Artists’ Salon and Reception Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA) CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)
9号室Room 9 ARTWAVEトーク: アーカイブ精神- 創造性としてのダンスアーカイブARTWAVE Talk: Archival Mind: Dance Archive as a Creative Activity WANG Po-wei(ET@T), CHEN Wu-kang(HORSE), Claire Hicks(Critical Path)WANG Po-wei(ET@T), CHEN Wu-kang(HORSE), Claire Hicks(Critical Path)

14:00-14:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 国際共同制作の甘美なる冒険の旅 ~Very Theatre国際共同制作ノートVery Theatre's Sweet and Bitter Adventure into International Co-Productions Chou Tung-Yen (Director, Very Theatre)Chou Tung-Yen (Director, Very Theatre)
4号室Room 4 狭間にいること:中国の1990年代生まれのアーティストとその活動Being in the gap: Theater artists of China’s Post-90s Generation and their practice YANG Zhen (Dancer/Choreographer), WANG Mengfan (Director/Choreographer)YANG Zhen (Dancer/Choreographer), WANG Mengfan (Director/Choreographer)
7号室Room 7 障壁と突破口: ダンス映像に何ができるか? (パート1: シェアとディスカッション)Walls and breakthrough: What can screendance do? (Part I: Sharing & Discussion) Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)
9号室Room 9 舞台芸術のためのアーティスト・イン・レジデンス:城崎国際アートセンターの紹介Artists In Residence for Performing Arts: Introduction of Kinosaki International Arts Center 吉田雄一郎(城崎国際アートセンター_プログラム・ディレクター)Yuichiro Yoshida (Program Director, Kinosaki International Arts Center)

15:00-15:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 世界最大のフェスティバルにおけるアーティストネットワークの可能性Introducing Asia @ the Fringe Network 山下 円 (mycreate.)、石曽根 有也 (mycreate.)、Mohamad Shaifulbahri (Shai) (Bhumi Collective)Madoka (Maddy) Yamashita (mycreate.), Yuuya Ishizone (mycreate.), Mohamad Shaifulbahri (Shai) (Bhumi Collective)
4号室Room 4 シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
7号室Room 7 障壁と突破口: ダンス映像に何ができるか? (パート2: 上映)Walls and breakthrough: What can screendance do? (Part II: Screening) Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)
9号室Room 9 舞台芸術界のハラスメントや性暴力について一緒に考えませんか?Working together to confront harassment and sexual assault in the performing arts community 塚口麻里子(ON-PAM・理事長兼事務局長)、鈴木みのり(ライター)、奥田安奈(アーツマネージャー)、他Mariko Tsukaguchi (President / Secretary General, ON-PAM), Minori Suzuki (Writer), Anna Okuda (Arts Manager, A+K), others

16:00-16:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 セゾン・アーティスト・イン・レジデンスSaison Artist in Residence 稲村太郎(公益財団法人セゾン文化財団/プログラム・オフィサー)Taro Inamura (Program Officer, The Saison Foundation)
4号室Room 4 神里雄大×マーク・テ リサーチ・コラボレーションプロジェクトYudai Kamisato×Mark Teh Research Collaboration Project 神里雄大(劇作家、演出家、小説家)、﨑山貴文(株式会社precog_制作)Yudai Kamisato(Playwright, Director, Novelist), Takafumi Sakiyama(precog, producer)
6号室Room 6 ケベック(カナダ)のアーティスト/カンパニー 紹介のプレゼンテーションQuebec Artists - Information Session アラン・パレ(シナール 代表取締役), 久山友紀(ケベック州政府在日事務所 文化・公的機関担当官)Alain Paré(CEO, CINARS), Yuki Kuyama(Cultural Attaché, Délégation générale du Québec à Tokyo)
7号室Room 7 「からだの速度で」フェスティバル/トーキョーの展望"Body Speed" Perspectives on Festival / Tokyo 長島確(フェスティバル/トーキョー ディレクター)、河合千佳(フェスティバル/トーキョー 共同ディレクター)Kaku Nagashima (Festival/Toky,Director), Chika Kawai (Festival/Toky,Co-Director)
9号室Room 9 UK outdoor performance sector の紹介 Introduction to the UK outdoor performance sector XTRAX Arts, UK - Irene Segura (International Relations) and Hannah Hartley (Project Manager) XTRAX Arts, UK - Irene Segura (International Relations) and Hannah Hartley (Project Manager)

2.12(水)2.12 Wed

12:00-12:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
4号室Room 4 アーツコミッション・ヨコハマ助成プログラムのご紹介Introduction to Arts Commission Yokohama's Grant Program 里見有祐(横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ プログラム・オフィサー)Yusuke Satomi(Program Officer, Yokohama Arts Foundation PR and ACY Group)
7号室Room 7 分散型から参加型へFrom Decentralization to Participation? #StandWithHongKong#StandWithHongKong
9号室Room 9 ARTWAVE トーク:未定義- 次世代の踊り手プラットフォームに向けた実践ARTWAVE Talk: To Be Defined: Dance Practices to Movers’ Platform in the New Generation Hiroaki Umeda(choreographer), FANG Jun-wei, WANG Ning, YU Wan-lun, (Movers, Taiwan), SU Ping-wen(Independent Choreographer)Hiroaki Umeda(choreographer), FANG Jun-wei, WANG Ning, YU Wan-lun, (Movers, Taiwan), SU Ping-wen(Independent Choreographer)

13:00-13:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 アジアの舞台芸術制作者/ネットワーク/プラットフォームとの連携についてCooperation with Asian performing arts producers/networks/platforms 齋藤啓(ON-PAM理事)、塚口麻里子(ON-PAM理事長兼事務局長)Kei Saito (Board member, ON-PAM), Mariko Tsukaguchi (President/Secretary General, ON-PAM)
4号室Room 4 シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
6号室Room 6 あいちトリエンナーレ2019 から シアターコモンズ’20 へ:キュレーションの意義と実践From Aichi Triennale 2019 to Theater Commons ’20: curation’s significance and practice 相馬千秋、岩城京子、NPO法人芸術公社Chiaki Soma, Kyoko Iwaki, Arts Commons Tokyo
7号室Room 7 東京芸術祭のご紹介Introduction of Tokyo Festival 横山義志(東京芸術祭ワールドコンペティションディレクター)、杉田隼人(としま国際アート・カルチャー都市発信プログラムディレクター)Yoshiji Yokoyama(Tokyo Festival World Competition 2019 Director), Hayato Sugita (TOSHIMA International City of Arts & Culture Program Director)
9号室Room 9 伝統芸能における国際共同制作と創作、異分野・異文化との協働についてInternational co-production and inter-cultural/disciplinary projects in traditional performing arts 清水寛二(銕仙会・能役者)、奥田安奈(A+K・アーツマネージャー)Kanji Shimizu (Noh Master, TESSEN-KAI Noh Theater Association), Anna Okuda (Arts Manager, A+K)

14:00-14:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 「秘すれば花」を越えて:舞台芸術における「ことば」の重要性の高まりについてDisclosing the ‘Hidden Flower’: On the Increasing Significance of ‘Words’ in Performing Arts 渡辺紀子(立命館大学_非常勤講師)Noriko Watanabe (Adjunct Lecturer Ritsumeikan University)
4号室Room 4 “Hello, See you.” ─「アジア」という認識の枠を越えて─“Hello, See you.” - Beyond the recognition frame as “Asia”- 住吉山実里(orangcosong_アーティスト/ダンサー)藤原ちから(orangcosong_アーティスト/批評家)Minori Sumiyoshiyama(orangcosong_Artist/Dancer), Chikara Fujiwara(orangcosong_Artist/Critic)
6号室Room 6 次世代とは誰か?-次世代舞台芸術制作者等育成事業@TPAM2020 Who's the Next Generation? - Next Generation: Producing Performing Arts@TPAM2020 リン・ディン(インディペンデントプロデューサー/アートマネージャー、ハノイ)、堀 朝美(一般社団法人贅沢貧乏, 東京)、神川美優(合同会社syuz'gen, 東京)、コー・ゲイッチェン(Little Door Festival フェスティバルマネージャー, ペナン) 、マイカ・ピント(Para Sa Sining エグゼクティブプロデューサー, マニラ) 、モク・ツイイン(インディペンデントプロデューサー, シンガポール) 、マイケル・HB・ラディティヤ(ガジャ・マダ大学舞台芸術・美術研究科/編集者/ライター, ジョグジャカルタ) 、曽根千智(こまばアゴラ劇場 プログラムオフィサー・プロデューサー, 東京) 司会:グレイ・ヨー(インターナショナル・ディヴェロップメント・コンサルタント、オーストラリア・アーツカウンシル, シンガポール)Linh Dinh (Independent Art Manager and Producer, Hanoi), Asami Hori (Director, Production Manager of a general incorporated association of ZEITAKU BINBOU, Tokyo), Miyuu Kamikawa (Coordinator, titled "Barrier Leaper" / Management Team of syuz’gen, LLC., Tokyo), Koe Gaik Cheng (Festival Manager of Little Door Festival, Penang), Micah Pinto (Executive Director of Para Sa Sining Collaboratory Inc., Manila), Mok Cui Yin (Independent Producer, Singapore), Michael HB Raditya (Editor / Writer / Performing Arts and Visual Arts Studies, Graduate School, Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta), Chisato Sone (Program Officer, Director of Komaba Agora Theatre, Tokyo), Moderator: Grey Yeoh(International Development Consultant / Australia Council for the Arts, Singapore)
7号室Room 7 アジア現代サーカスネットワーク「CAN」と日本におけるネットワーキング構築New Asian contemporary circus network "CAN" and the networking in Japan 田中未知子(一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー 代表理事)Michiko Tanaka (Director/Founder, Setouchi Circus Factory)
9号室Room 9 東京芸術祭 APAF(アジア舞台芸術ファーム)の目指す育つ場Asian Performing Arts Farm (APAF)’s ambitions for a center for learning and growth APAFディレクター 多田淳之介Junnosuke Tada (APAF Director)

15:00-15:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 全国学生演劇祭の紹介及び地域演劇の若手人材育成についてIntroduction of Japan Student Theater Festival and young people development for regional theater 日本学生演劇プラットフォームJAPAN STUDENT THEATER PLATFORM
4号室Room 4 アジアと日本の現代サーカスネットワーキングについて、オープンディスカッションOpen discussion about Asian and Japanese contemporary circus networking 田中未知子(一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー 代表理事)Michiko Tanaka (Director/Founder, Setouchi Circus Factory)
6号室Room 6 次世代とは誰か?-次世代舞台芸術制作者等育成事業@TPAM2020 Who's the Next Generation? - Next Generation: Producing Performing Arts@TPAM2020 リン・ディン(インディペンデントプロデューサー/アートマネージャー、ハノイ)、堀 朝美(一般社団法人贅沢貧乏, 東京)、神川美優(合同会社syuz'gen, 東京)、コー・ゲイッチェン(Little Door Festival フェスティバルマネージャー, ペナン) 、マイカ・ピント(Para Sa Sining エグゼクティブプロデューサー, マニラ) 、モク・ツイイン(インディペンデントプロデューサー, シンガポール) 、マイケル・HB・ラディティヤ(ガジャ・マダ大学舞台芸術・美術研究科/編集者/ライター, ジョグジャカルタ) 、曽根千智(こまばアゴラ劇場 プログラムオフィサー・プロデューサー, 東京) 司会:グレイ・ヨー(インターナショナル・ディヴェロップメント・コンサルタント、オーストラリア・アーツカウンシル, シンガポール)Linh Dinh (Independent Art Manager and Producer, Hanoi), Asami Hori (Director, Production Manager of a general incorporated association of ZEITAKU BINBOU, Tokyo), Miyuu Kamikawa (Coordinator, titled "Barrier Leaper" / Management Team of syuz’gen, LLC., Tokyo), Koe Gaik Cheng (Festival Manager of Little Door Festival, Penang), Micah Pinto (Executive Director of Para Sa Sining Collaboratory Inc., Manila), Mok Cui Yin (Independent Producer, Singapore), Michael HB Raditya (Editor / Writer / Performing Arts and Visual Arts Studies, Graduate School, Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta), Chisato Sone (Program Officer, Director of Komaba Agora Theatre, Tokyo), Moderator: Grey Yeoh(International Development Consultant / Australia Council for the Arts, Singapore)
7号室Room 7 劇場で子どもたちと向かい合うためにFocusing: the children in the theater 矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)、田中真実(認定NPO法人STスポット横浜事務局長/横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)Yasuhito Yano (Founder, and the Artistic Director of Theatre Company shelf), Koji Kurasako (Founder and the Director of Theatre Ort, and also the Chief Director of Tachikawa Culture Factory, Tachikawa’s abandoned school turned comprehensive cultural facility), Wang Nan (Theatre Producer), Wei Xunyi (Educator), Mami Tanaka(NPO ST Spot Yokohama executive director/Secretary General of Yokohama city art & culture education platform)
9号室Room 9 フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)

16:00-16:40

部屋Room テーマTheme ホスト名Host
3号室Room 3 全国学生演劇祭の紹介及び地域演劇の若手人材育成についてIntroduction of Japan Student Theater Festival and young people development for regional theater 森久憲生(日本学生演劇プラットフォーム)Norio Morihisa(JAPAN STUDENT THEATER PLATFORM)
4号室Room 4 下町で劇場を開く、ダンスを通じてコミュニティや人々と展開してきた10年間の過程。10 years of a shitamachi theater, 10 years of collaboration with communities and individuals through dance 横堀ふみ(NPO法人DANCE BOXプログラム・ディレクター)Fumi Yokobori(NPO DANCE BOX Program Director)
7号室Room 7 アジア圏における児童劇の行方Where will the Asian Children's Theater go? 矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)、田中真実(認定NPO法人STスポット横浜事務局長/横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)Yasuhito Yano (Founder, and the Artistic Director of Theatre Company shelf), Koji Kurasako (Founder and the Director of Theatre Ort, and also the Chief Director of Tachikawa Culture Factory, Tachikawa’s abandoned school turned comprehensive cultural facility), Wang Nan (Theatre Producer), Wei Xunyi (Educator), Mami Tanaka(NPO ST Spot Yokohama executive director/Secretary General of Yokohama city art & culture education platform)
9号室Room 9 東京芸術劇場の企画制作ポリシーとストラジェディStrategy & Policy of Tokyo Metropolitan Theatre 内藤美奈子(東京芸術劇場舞台芸術プロデューサー)、前田圭蔵(東京芸術劇場広報ディレクター)Minako NAITO(Producer, TMT), Keizo MAEDA(Communication Director)

2.10(月)2.10 Mon

12:00-12:40

私はここへ、あなたはそこへ-“エクスチェンジ”とは何か? I come here, you go there – what’s the meaning of exchanges?

3号室Room 3
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:June Tan (Five Arts Centre/ Producer)Host: June Tan (Five Arts Centre/ Producer)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、文化政策、コラボレーション、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Platform, Networking, Community, Cultural Policy, Collaboration, R&D, Funding / Support

ここ数年、マレーシアのプロデューサーJune Tanと、日本のダンサーであり振付家の山田うんは、毎年それぞれのお互いの国で作品を発表しています。これまでのやりとりを参照しながら、それを可能にしている構造について議論します。地理的な意味だけでなく、作品がどのように拡張していけるか模索しており、今後の作品にとって、“エクスチェンジ”とは何を意味するのかを考えます。 Every year, for the last few years, Malaysian producer June Tan and Japanese dancer-choreographer Un Yamada have been presenting their work in each other’s countries. Seeing this pattern, the two will discuss structures that have enabled this. They will also examine how their work has extended, not just geographically. And what do they think these exchanges mean for their future work?

アトリエ銘苅ベースでの滞在制作についてAbout Atelier Mekaru Base’s residency program

4号室Room 4
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:鳥井由美子(アトリエ銘苅ベース)Host: Yumiko Torii(Atelier Mekaru Base)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Platform, Venue / Space, Networking, Community, Collaboration

2017年7月にOPENした民間小劇場「アトリエ銘苅ベース」。提携カンパニー制度、レジデンス施設・たたき場の整備、支援会員制度などの環境を整え、年間の公演ラインナップも充実してきました。沖縄県外からの実演団体を迎える機会も多く、滞在制作の可能性についても検討しています。 アトリエ銘苅ベースでの滞在制作プランを紹介した上で、参加者の皆さんとも意見を交えながら、沖縄県での滞在制作についてを考えます。 Since its opening in July 2017, the small private theater Atelier Mekaru Base has set up an affiliate system for visiting companies, provisions for residence facilities and a tech workshop, and a membership for supporters, while strengthening its year-round production lineup. With many opportunities to welcome performers from outside Okinawa, the theater has also been engaged in exploring the possibilities of residency programs. After introducing Atelier Mekaru Base’s residency proposal, we will field opinions from participants as we consider the nature of residencies in Okinawa.

【超ダイバーシティ芸術祭】演目を通じたアクセシビリティ環境への取組みのご紹介①【True Colors Festival】Introduce to our accessibility policy for each program [1]

6号室Room 6
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:森 真理子(日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、True Colors Festival チーフ・ディレクター/事務局長)、中村 茜(株式会社precog、True Colours Festival アソシエイト・ディレクター/副事務局長)Host: Mariko Mori (The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS, True Colors Festival Chief Director / Chief Manager), Akane Nakamura (precog co.,LTD., True Colors Festival Director / Deputy Manager)
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Festival, Collaboration

「True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭 -」は、障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合う社会を目指すパフォーミングアーツの祭典です。誰もが参加しやすいフェスティバル環境を目指し、障害者に向けた鑑賞サポートなど様々な工夫や取組みを行っています。今回は2月公演のファマリー「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」を例に、その取り組みをご紹介します。 True Colors Festival is created by people who aspire for a society where everyone supports each other regardless of their differences in abilities, gender, age, and nationalities. We take various initiatives and implement ideas to create an environment that is open to everyone and easy to attend. In this meeting we will introduce our efforts for True Colors MUSICAL "HONK! by Phamaly" .

都市横断ネットワークの形成Building up the cross cities network

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト: Asian Producers’ Platform (APP)Host: Asian Producers’ Platform (APP)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Platform, Networking, Collaboration

2019年11月、APP(Asian Producers’ Platform)の主事業であるAPP キャンプを、香港、マカオ、広州で開催しました。キャンプを通じて、3つの都市の地域文化と現在抱えている課題についてリサーチし、大湾区での芸術と文化の新しい繋がりについて探求しました。本ミーティングでは、一国二制度の構造をもつ都市において、どのように都市横断型ネットワークを築くことができるのか議論します。 APP held its main project, APP Camp, in Hong Kong, Macau and Guanzhou in November 2019. Through the camp, we explored art and cultural new connection in the Greater Bay Area on research about the local culture and current issues of three cities. We discuss how to build up the cross-cities network under the 'One country, two systems' structure.

相互的な国際ネットワーキングへのアプローチAn approach to reciprocity and International Networking

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:アラン・パレ(シナール 代表取締役), 久山友紀(ケベック州政府在日事務所 文化・公的機関担当官)Host: Alain Paré(CEO, CINARS), Yuki Kuyama(Cultural Attaché, Délégation générale du Québec à Tokyo)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Venue / Space, Networking, Collaboration

カナダとケベックのプロデューサーは、国際的なプログラミング、協力、パートナーシップへ関心を寄せており、今回5名が来日する。コンテンポラリーダンス、マルチディシプリナリーや児童向けパフォーマンスに関するプロデューサーがプレゼンする。CINARS、Danse Danse、La Rotonde(ダンス)、Le Diamant(マルチ劇場)、Les Coups de Théâtre(児童向け)、Agora de la danse (ダンス) が参加。 The programmers from Quebec and Canada are opening the door to international programming, cooperations and partnerships. Come and meet programmers in the fields of contemporary dance, multidisciplinary arts and children shows. Presentations from : CINARS, DanseDanse, La Rotonde (dance), Le Diamant (multidisciplinary theatre), Les Coups de Théâtre (children) and Agora de la danse.

13:00-13:40

2020 Want to Dance FestivalとShinehouse Theatre(曉劇場)のオープン2020 Want to Dance Festival and Shinehouse Theatre are ready to Open

3号室Room 3
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Shinehouse Theatre(曉劇場)Host: Shinehouse Theatre(曉劇場)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキングTopic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking

2020 Want to Dance Festival(WDF)は、インディペンデントの振付家やカンパニーのためのダンスの交流プラットフォームです。WDFのキュレーションは、Shinehouse Theatreの芸術監督であるPo-Yuan Chungと、衛武営(ウェイウーイン)のドラマターグであるYi-Wei Kengが行います。WDF では、『Progressive』のテーマのもと、実験的、あるいはワークインプログレスのダンス作品やフィジカルシアター作品が、台北の艋舺(モンガ)の劇場空間において、それぞれ上演されます。 2020 Want to Dance Festival (WDF) is a dance exchange platform for independent choreographers and company. WDF will be curated by the Artistic Director of Shinehouse Theatre, Po-Yuan Chung, and the Dramaturg of Weiwuying, Yi-Wei Keng. WDF follows the theme of "Progressive", collecting experimental and work-in-progress dance and physical theater works which will perform in several alternative styled theater spaces in Monga, Taipei.

シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Host: Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキングTopic: Artist / Creation, Production, Networking

ニュージーランドの著名なアーティスト、ダニエル・ベルトンがGood Company Arts (アオテアロア ニュージーランド)と共に代表作品を紹介します。Good Company Artsは、ライブイベント、展示、インスタレーションなど様々なアートフォームを融合させ、クリエーションをしています。これまで、劇場やギャラリー、美術館、空き地、建物のメディアファサード、映画館、プラネタリウム、そして最近ではVRプラットフォームにおいて、彼らの先駆的な作品は国際的に称賛されてきました。ようこそ!皆さんを歓迎します。 New Zealand Arts Laureate, Daniel Belton, presents excerpts of his current projects with Good Company Arts (Aotearoa New Zealand). Good Company Arts creates live events, exhibitions and installations through the fusion of multiple art forms. Their pioneering work has been internationally celebrated at theatres, galleries, museums, found spaces, on media and architectural facades, in cinemas, planetariums and most recently with VR platforms. Nau Mai, Haere Mai! All Welcome!
goodcompanyarts.com

【超ダイバーシティ芸術祭】演目を通じたアクセシビリティ環境への取組みのご紹介②【True Colors Festival】Introduce to our accessibility policy for each program [2]

6号室Room 6
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:森 真理子(日本財団DIVERSITY IN THE ARTS、True Colors Festival チーフ・ディレクター/事務局長)、中村 茜(株式会社precog、True Colours Festival アソシエイト・ディレクター/副事務局長)Host: Mariko Mori (The Nippon Foundation DIVERSITY IN THE ARTS, True Colors Festival Chief Director / Chief Manager), Akane Nakamura (precog co.,LTD., True Colors Festival Director / Deputy Manager)
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Festival, Collaboration

「True Colors Festival - 超ダイバーシティ芸術祭 -」は、障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合う社会を目指すパフォーミングアーツの祭典です。誰もが参加しやすいフェスティバル環境を目指し、障害者に向けた鑑賞サポートなど様々な工夫や取組みを行っています。今回は2月公演のファマリー「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」を例に、その取り組みをご紹介します。 True Colors Festival is created by people who aspire for a society where everyone supports each other regardless of their differences in abilities, gender, age, and nationalities. We take various initiatives and implement ideas to create an environment that is open to everyone and easy to attend. In this meeting we will introduce our efforts for True Colors MUSICAL "HONK! by Phamaly" .

APP(アジア・プロデューサーズ・プラットフォーム)キャンプ 2019 報告会APP (Asian Producers' Platform) Camp 2019 Debrief

7号室Room 7
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:奥田安奈(A+K)、竹宮華美(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター)、目澤芙裕子(ダンスカンパニーBaobab/ゴーチ・ブラザーズ)、吉田雄一郎(城崎国際アートセンター)Host: Anna Okuda (A+K), Hanabi Takemiya (Kyoto Performing Arts Center), Fuyuko Mezawa (Dance Company Baobab / Gorch Brothers), Yuichiro Yoshida (Kinosaki International Arts Center)
トピック:プラットフォーム、ネットワーキング、アジアTopic: Platform, Networking

アジアのプロデューサーのネットワーク形成と専門的スキルや知見の共有を目的に2014年に開始されたAPP。2019年11月17日~24日に香港・広州・マカオで開催された第6回APPキャンプの日本からの参加者による報告会。混乱の続く香港での経験から感じたこと、現地でのリサーチや各国の参加者との交流を通して得られた知識や体験を共有します。国際的なネットワーキングに関心のある方など、気軽にご参加ください。 APP started in 2014 to build a network among Asian producers to share expertise in producing. The 6th APP Camp was held in Hong Kong, Guangzhou and Macau in November, 2019, and we will share our experiences in the camp. We will specifically talk about our research on local arts industries, exchanges with participants from other regions as well as what we felt amid Hong Kong protests. Please feel free to join us if you are interested in global networking in the arts.

国際共同製作のプロセスーF/T19「オールウェイズ・カミングホーム」ケーススタディThe Process of International Co-production: A Case Study of the F/T19 "Always Coming Home"

9号室Room 9
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:滝口健(ドラマトゥルク、翻訳者)、ウカッシュ・ヴォイティスコ(ドラマトゥルク、ライター、劇作家、編集者)Host: Ken Takiguchi (Dramaturge, Translator), Łukasz Wojtysko (Dramaturge, Writer, Playwright, Editor)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Collaboration, Co-production / Commission

国際協働における課題と成果とは何か?F/T19で世界初演された『オールウェイズ・カミングホーム』は、ポーランドと日本の混成チームによる、2年をかけたコラボレーションでした。未来の参考になるように、「プロセス」に焦点を当て、今回の創作に深く関わった2人のドラマトゥルクが振り返るセッションを行います。(国際共同製作:フェスティバル/トーキョー、アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート、TRワルシャワ劇場) What are challenges and achievement of an international collaboration? “Always Coming Home", which had its world premiere at Festival/Tokyo 2019, was a two-year collaboration project by a mixed Polish and Japanese team. For future reference, two dramaturges hold this session to look back the creation especially focusing on the “process”. (A Festival/Tokyo, Adam Mickiewicz Institute, and TR Warszawa co-production)
Festival/Tokyo

14:00-14:40

セゾン文化財団の助成プログラムについてAbout the Saison Foundation grant programs

3号室Room 3
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:岡本純子(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・オフィサー)、堤治菜(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・オフィサー)Host: Junko Okamoto (Program officer, The Saison Foundation), Haruna Tsutsumi (Program officer, The Saison Foundation)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、文化政策、コラボレーション、共同製作/委嘱、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Platform, Venue / Space, Networking, Community, Cultural Policy, Collaboration, Co-production / Commission, R&D, Funding / Support

セゾン文化財団の助成プログラム(セゾン・フェロー/創造環境イノベーション/国際プロジェクト支援)のご説明と助成事業の事例紹介の後、みなさまからのご質問やご要望をお伺いいたします。皆様と直接お話しできる貴重な機会ですので、お気軽にご参加ください。 Following an explanation of the Saison Foundation grant programs (Saison Fellows / Creative Environment Innovation Program / International Project Support Program) and a presentation of case studies, we will field audience questions and requests. As an invaluable opportunity to speak directly with the public, we welcome all interested participants.

豪日共同制作:アーティストと食卓で食・音楽・語りを共有する新しい芸術体験Australian-Japanese collaborations in intimate social performance: food, music, and the art of sharing

4号室Room 4
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:厚地美香子(認定NPO法人あっちこっち 理事長、アート・プロデューサー)、浜野与志男(ピアニスト)、石塚英子(認定NPO法人あっちこっち理事、通訳)Host: Mikako Atsuchi (Certified NPO Acchi Cocchi president, producer), Yoshio Hamano (Pianist), Hideko Ishizuka (Certified NPO Acchi Cocchi Board Member, interpreter
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Venue / Space, Networking, Community, Collaboration, Co-production / Commission, Funding / Support

TPAMで出会ったA is for Atlasと認定NPO法人あっちこっちは昨年ピアニスト浜野与志男と共に、オーストラリア在住の演出家ザン・コールマン企画の「ダイニングルーム・テイルズ」の日本初演を実現しました。食と音楽と語りを組み合わせた新しい形の芸術体験を参加者はどう捉えたか。アーティストが上演に向け直面した精神的なハードルとは。本作品が両者に与えた共有体験とインパクトについて意見交換します。 In a collaboration nurtured through TPAM, A is for Atlas and Acchi Cocchi brought Dining Room Tales by Australian artist Xan Colman to Japan for the first time in 2019, creating a new work with pianist Yoshio Hamano. In this session we introduce you to the project, talk about the interplay between food, performance and social interaction, and reflect on our challenges in making the work as well as the impacts of the work on artists and audience.
T.Tairadate

2020年「ふじのくに⇄せかい演劇祭」と「ストレンジシード静岡」のプログラム説明Introduction of World Theatre Festival Shizuoka and Street Theatre Festival STRANGE SEED SHIZUOA

7号室Room 7
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト: 丹治陽(SPAC-静岡県舞台芸術センター)、成島洋子(SPAC-静岡県舞台芸術センター)、若林康人(「ストレンジシード静岡」プログラム・ディレクター)、菅井一輝(「ストレンジシード静岡」フェスティバル・マネージャー)Host: Haru Tanji (SPAC-Shizuoka Performing Arts Center), Yoko Narushima (SPAC, Shizuoka Performing Arts Center), Yasuhito Wakabayashi (Program Director of STRANGE SEED SHIZUOKA), Kazuki Sugai (Festival Manager of STRANGE SEED SHIZUOKA)
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、ネットワーキングTopic: Artist / Creation, Festival, Networking

2020年4月25日~5月6日にSPAC-静岡県舞台芸術センターが静岡市内で開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」とストリートシアターフェスティバル「ストレンジシード静岡」の概要説明とネットワーキングプログラムについて紹介する。フェスティバルのプログラマーが出席。 Introduction and guidance for the networking program in the "World Theatre Festival Shizuoka" and Street Theatre Festival "STRANGE SEED SHIZUOKA" which will be held from April 25 to May 6, in Shizuoka, by SPAC-Shizuoka Performing Arts Center.

障壁と突破口: マカオ、あるは大湾区における共同制作Walls and breakthroughs: Making co-production in Macau or Greater Bay Area

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Erik Kuong (Independent Producer in Macau), Carrol Ho (Independent Producer, Hong Kong), Hui Hui Lai ( (Independent Producer, China)Host: Erik Kuong (Independent Producer in Macau), Carrol Ho (Independent Producer, Hong Kong), Hui Hui Lai ( (Independent Producer, China)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Platform, Networking, Collaboration, Co-production / Commission

大湾区(GBA)は、過去には珠江デルタとしても知られ、 中国南部の9つの都市と2つの特別行政区(香港とマカオ)で構成されるメガロポリスの概念です。 これらの都市は1つの“国”の中にあるが、異なる行政システムにあり、3つの境界線によって分割されています。 大湾区(GBA)の概念において、共同制作の新しい可能性とチャンスは何でしょう? The Greater Bay Area (GBA) is a megalopolis concept, consisting of 9 cities and 2 special administrative regions (Hong Kong and Macau) in south China. It was also known as the Pearl River Delta in the past. Although these cities are in the one “country” but they are in different administrative system. They are divided by three borders. What are the new possibilities and opportunities for co-production in GBA concept?
MikaelAldo

15:00-15:40

梅田宏明の今後のプロジェクト(振付、インスタレーション、振付家ワークショップ他) Upcoming/Future Projects of Hiroaki Umeda (Choreography, Installation, Workshop for Choreographers and more)

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:梅田宏明(振付家・ダンサー・ビジュアルアーティスト)、田野入涼子(プロダクションマネージャー)Host: Hiroaki Umeda (Choreographer, Dancer, Visual Artist), Suzuko Tanoiri (Production Manager)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Collaboration, Co-production / Commission

振付家、ダンサー、ビジュアルアーティストとして活躍する梅田宏明の今後のプロジェクト構想をお話しします。自身のソロだけでなくコンテンポラリーやストリートダンサーなどにもジャンルを超えて行なっている振付や、振付の概念を拡張し制作しているインスタレーションの今後の展望、アジアと日本のアイデンティティや教育に対する考えから生まれた振付家ワークショップのこれからなど、まだ形になっていない企画も含め共有します Hiroaki Umeda, choreographer, dancer and visual artist, will talk about upcoming and future projects including the ones that have not been launched yet. We will share the future prospects of his choreographic works which he does for himself and dancers of various genres; installations as an extension of choreography; projects such as Workshop for Choreographers which was launched based on his thoughts on Asian and Japanese identity and education.
S20

国際交流基金の助成プログラムの紹介Grant Programs of The Japan Foundation

4号室Room 4
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:小林康博(国際交流基金文化事業部舞台芸術チーム、チーム長)、申熙晶(国際交流基金文化事業部舞台芸術チーム、主任)Host: KOBAYASHI Yasuhiro (Director, Performing Arts Section Arts and Culture Dept. The Japan Foundation) ,SHIN Heejeong (Senior officer, Performing Arts Section Arts and Culture Dept. The Japan Foundation)
トピック:ネットワーキング、コラボレーション、共同製作/委嘱、助成/支援Topic: Networking, Collaboration, Co-production / Commission, Funding / Support

国際交流基金が提供する公募プログラムのうち、舞台芸術分野での活動を対象とする、「海外派遣助成プログラム」「パフォーミング・アーツ・ジャパン」(北米、欧州)について紹介します。 Among the various grant programs the Japan Foundation offers, we would like to introduce two programs offered to the field of performing arts, “Grant program for Dispatching Artists and Cultural Specialists” and “Performing Arts Japan (North America / Europe) ”.

オランダのエキサイティングなパフォーミングアーツについてSome exciting performing arts from the Netherlands!

6号室Room 6
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Dutch Performing ArtsHost: Dutch Performing Arts
トピック:アーティスト/クリエーション、ネットワーキング、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Networking, Collaboration, Co-production / Commission

オランダからのエキサイティングなアーティストたち、Club Guy and Roni (ファンキーなダンス演劇)、Sjaron Minailo (ミュージカル ディレクター)、Ulrike Quade Company (オブジェクトを使用したヴィジュアル シアター)、Karel van Laere (フィルム メーカーおよび演劇アーティスト)、Arno Schuitemaker (エネルギッシュなコンセプチュアル ダンス)との出会いです。彼らは新しい共同制作のパートナーと公演地を、アジアと日本で探しています。興味をお持ちの方はぜひ会いに来てください! Meet exciting artists from the Netherlands: Club Guy and Roni (funky dance theatre), Sjaron Minailo (music theatre director), Ulrike Quade Company (visual theatre with objects), Karel van Laere (film maker & theatre artist), and Arno Schuitemaker (energetic conceptual dance). All are looking for new partners in Japan and Asia, as coproducing partners or presentation places. Curious? Come, meet and talk to them!

カナダのパフォーミングアーツ界の展望Perspectives on the Canadian Performing Arts Scene

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre).Host: CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre).
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration, Funding / Support

カナダのパフォーミングアーツを取り巻く状況や今後の展望について、CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)のメンバーと刺激的な会話を繰り広げながら、芸術的傾向やトレンド、主なフェスティバルやプラットフォーム、カナダ特有の助成の機会、コラボレーションやツアーについて探ります。 An inspiring conversation with members of the Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA) delegation on the some of the more prominent aspects of the Canadian performing arts milieu. Artistic tendencies and trends, key festivals and platforms, unique opportunities for funding, collaboration and touring will be explored.

フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Host: Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)
トピック:アーティスト/クリエーション、ネットワーキング、研究開発Topic: Artist / Creation, Networking, R&D

パフォーミング アーティストに転向する前、Fangasはテニスの、Lu-huanはテコンドーのプレーヤーをしていました。彼らは過去のスポーツ分野での経験を生かした動きをクリエーションし、コンテンポラリーダンスの特徴に融合させてきました。このミーティングでは、身体の実験的プロジェクトを通してスポーツ的な動きをダンスの振付に翻訳していくことの可能性を探ります。 *このミーティングは15:00-16:10に行われます。 Before being performing artists, Fangas was a tennis player and Lu-huan was a taekwondo player. They applied their past experiences in sports to creating movements while thinking in sync with characteristics of modern dance. At this meeting, they wish to share their ongoing physical experimenting project in finding the possibilities of translating sports movement into dance choreography (or not). *This room will host a meeting from 15:00-16:10.
M.O.V.E. Theatre

16:00-16:40

リトアニアの現代美術と日本演劇作品の共同制作から今後の可能性についてFuture possibility of co-production between Lithuanian contemporary art and Japanese theater piece

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:松尾祐樹 (演劇ユニット富山のはるか/演出)Host: Yuki Matsuo (Haruka from Toyama/director)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、コラボレーション、共同製作/委嘱、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Venue / Space, Collaboration, Co-production / Commission, Funding / Support

演劇ユニット富山のはるかはTPAM2020フリンジ作品としてリトアニアの現代アーテイスト作家TADAOCERNと新作『ロミオとジュリエット』を共同創作しております。この度のリトアニア出身のTADAOCERNとのジョイントワークの実体験の過程やリトアニアのアートシーンの情報を共有したいと思います。また、継続的に海外アーティストと創作活動をしていくことについて参加者の皆様とディスカッションします。 The theatre unit, Haruka from Toyama, are currently working on a co-production of “Romeo and Juliet” with Lithuanian contemporary artist, TADAOCERN to premiere at TPAM Fringe in 2020. Working together with TADAOCERN from Lithuania, we would like to share our actual experience, process and information of the Lithuanian art scene. We will also discuss with participants about continuous creation activities with foreign artists.

F/T19 日・ポ国際共同制作「オールウェイズ・カミングホーム」の作品紹介と成果報告Presentation and Report of F/T19 Japan-Poland International Co-production "Always Coming Home"

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:長島確(フェスティバル/トーキョー ディレクター)、アガタ・コワチュ(TR ワルシャワ劇場 国際プロジェクト統括)、バルバラ・トロヤノフスカ(JP-PL100プロジェクトマーネジャー、アダム・ミツキェヴィッチ・インスティチュート)、ウカッシュ・ヴォイティスコ(ドラマトゥルク、ライター、劇作家、編集者)Host: Kaku Nagashima (Festival/Tokyo Director), Agata Kołacz (Head of International Projects, TR Warszawa), Barbara Trojanowska (JP-PL100 project manager, Adam Mickiewicz Institute), Łukasz Wojtysko (Dramaturge, Writer, Playwright, Editor)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Collaboration, Co-production / Commission

F/T19で世界初演された『オールウェイズ・カミングホーム』。アーシュラ・K・ル=グウィンの原案をもとに、演出のマグダ・シュペフトが日ポの多彩なアーティストとともに、劇場に「ユートピア」を出現させました。記録写真や映像を交えながら、国際共同製作に携わった3者によるセッションを行います。(国際共同製作:フェスティバル/トーキョー、アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート、TRワルシャワ劇場) "Always Coming Home" had its world premiere at Festival/Tokyo 2019. Polish director Magda Szpecht created a "Utopia" on the stage with unique collaborators from Japan and Poland based on the novel by Ursula K. Le Guin. The international co-producers give a session with recorded photos and videos from the performance. (A Festival/Tokyo, Adam Mickiewicz Institute, and TR Warszawa co-production)
Festival/Tokyo

ARTWAVEトーク: National Culture and Arts Foundation,Taiwan の紹介ARTWAVE Talk: Introduction to National Culture and Arts Foundation,Taiwan

6号室Room 6
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:National Culture and Arts Foundation (NCAF, Taiwan)Host: National Culture and Arts Foundation (NCAF, Taiwan)
トピック:プラットフォーム、ネットワーキング、文化政策、コラボレーション、助成/支援Topic: Platform, Networking, Cultural Policy, Collaboration, Funding / Support

The National Culture and Arts Foundation (NCAF) は1996年に設立し、台湾のあらゆる種類の芸術を発展させるため、継続的にアートプロジェクトに資金援助をしています。NCAF は、国際交流とコラボレーションを行うための資金援助を行うことで、台湾でのグローバルネットワークの構築を目的に、ARTWAVE-Taiwan International Arts Network を始動させました。 The National Culture and Arts Foundation (NCAF) was founded in 1996 and has been continuously providing grants for art projects, staying closely in tune with the development all types of artistic creations in Taiwan. ARTWAVE-Taiwan International Arts Network is initiated by NCAF to create a global network by providing resources to develop international exchange and collaboration with Taiwan.
NCAF

カナダのパフォーミングアーツ界の展望Perspectives on the Canadian Performing Arts Scene

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre)Host: CAPACOA Norman Armour, Michael Caldwell (Fall for Dance North), Marie Coderre (Northern Arts & Cultural Centre), Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Nicole Mion (Fluid Festival), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Aki Onda, Heidi Strauss (Adelheid), Mirna Zagar (The Dance Centre)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration, Funding / Support

『カナダのパフォーミングアーツ業界の展望』に続くセッションで、15時より開始します。カナダのパフォーミングアーツを取り巻く状況や今後の展望について、CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)のメンバーと刺激的な会話を繰り広げながら、芸術的傾向やトレンド、主なフェスティバルやプラットフォーム、カナダ特有の助成の機会、コラボレーションやツアーについて探ります。 This is the continuation of the former session “Perspectives on the Canadian Performing Arts Scene” starting at 15:00. An inspiring conversation with members of the Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA) delegation on the some of the more prominent aspects of the Canadian performing arts milieu. Artistic tendencies and trends, key festivals and platforms, unique opportunities for funding, collaboration and touring will be explored.

フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Host: Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)
トピック:アーティスト/クリエーション、ネットワーキング、研究開発Topic: Artist / Creation, Networking, R&D

パフォーミング アーティストに転向する前、Fangasはテニスの、Lu-huanはテコンドーのプレーヤーをしていました。彼らは過去のスポーツ分野での経験を生かした動きをクリエーションし、コンテンポラリーダンスの特徴に融合させてきました。このミーティングでは、身体の実験的プロジェクトを通してスポーツ的な動きをダンスの振付に翻訳していくことの可能性を探ります。 *このミーティングは15:00-16:10に行われます。 Before being performing artists, Fangas was a tennis player and Lu-huan was a taekwondo player. They applied their past experiences in sports to creating movements while thinking in sync with characteristics of modern dance. At this meeting, they wish to share their ongoing physical experimenting project in finding the possibilities of translating sports movement into dance choreography (or not). *This room will host a meeting from 15:00-16:10.
M.O.V.E. Theatre

2.11(火)2.11 Tue

12:00-12:40

舞台芸術の広報を考えるLooking at public relations and the performing arts

3号室Room 3
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:雨宮 士郎(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局)、森隆一郎(「渚と」主宰)、小倉明紀子(フェスティバル/ トーキョー 広報チーフ)Host: Shiro Amemiya(Performing Arts Meeting in Yokohama Secretariat), Ryuichiro Mori(Director, nagisato), Akiko Ogura(Public Relations Director, Festival/Tokyo)
トピック:フェスティバル、ネットワーキング、広報活動Topic: Festival, Networking

芸術への公的なサポートの必要性への問いが日増し高まりつつある昨今、存続が危ぶまれる演劇祭、劇団の話は後を絶ちません。そのような状況の中で、広報活動の役割は「集客」に止まらず多様になりつつあります。同時代的かつ実験的な作品を積極的に上演してきた、TPAM、F/Tの2つを事例に、舞台芸術や芸術祭が持続していくために、社会とつながりや支援をどのように作り上げていくかを、参加者の皆さんとともに多角的に考えます。 Nowadays, with challenges to the necessity of public support for the arts ever on the rise, we hear endless stories of theater festivals or companies on the brink of shutting down. No longer ending with attracting an audience, the roles of public relations in this environment continue to diversify. Using the examples of TPAM and F/T, which proactively put on contemporary and experimental work, we will join participants in looking from a variety of angles at ways of fostering relationships with and gaining support from society at large.

Artist Farmの紹介 - Theatre Practice による Artist ResidencyIntroduction to Artist Farm - An Artist Residency by The Theatre Practice

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:The Theatre PracticeHost: The Theatre Practice
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Festival, Platform, Venue / Space, Networking, Collaboration

Artist Farmにはプロセスを大事にし、演劇を中心とした芸術的な交流に参加するために、様々な分野から国際的なアーティストやドラマトゥルクが集います。今回は、アーティストが、創造と格闘をするための活発な空間作りを目的とした、Theatre Practiceの継続的な試みの一部や、コミュニティのニーズに対応する先進的な舞台芸術空間として、私たちの新たな取り組みについて紹介します。 Artist Farm gathers international artists and dramaturgs from diverse disciplines to participate in a process-oriented and play-centric artistic exchange. Led by our Artistic Director Kuo Jian Hong, this is part of Practice's ongoing efforts to actively make space for artists to spar and create. It's an opportunity to learn more about our initiatives as a progressive performing arts space to address the needs of our community.

アーティスト サロン レセプション CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)Artists’ Salon and Reception Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA)

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)Host: CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration

Natalie Gan (Hong Kong Exile)、Shauna Kadyschuk (STO Union)、Andrea Nann (Dreamwalker Dance)、 Heidi Strauss (Adelheid)、という、4組の革新的なカナダのダンス、パフォーマンス、演劇のアーティストやカンパニーの仕事を紹介します。カナダの優れたプログラマーMichael Caldwell、Marie Coderre、Nicole Mion、Mirna Zagarと共に、Norman Armourと恩田晃が司会を務めるインタビュー形式のアーティストサロンに、ぜひご参加ください。 An opportunity to meet and discover 4 ground-breaking Canadian dance, performance, and theatre artists/companies: Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid). Join us for an interview-style format facilitated by curators Norman Armour and Aki Onda, along with leading Canadian programmers Michael Caldwell, Marie Coderre, Nicole Mion and Mirna Zagar.

フィンランドとノルウェーからの舞台芸術の経験Experience performing arts from Finland and Norway

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Katarina Lindholm (Manager of international affairs, Dance Info Finland), Lotta Nevalainen (Head of International Development, Circus Info Finland), Geir Lindahl (Adviser, PAHN – Performing Arts Hub Norway)Host: Katarina Lindholm (Manager of international affairs, Dance Info Finland), Lotta Nevalainen (Head of International Development, Circus Info Finland), Geir Lindahl (Adviser, PAHN – Performing Arts Hub Norway)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、プラットフォーム、ネットワーキング、文化政策、コラボレーション、共同製作/委嘱、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Platform, Networking, Cultural Policy, Collaboration, Co-production / Commission, Funding / Support

フィンランドとノルウェーの最先端の舞台芸術をご紹介します! 10:40から軽い朝食を食べ、11:10からピッチプログラムを始めます。詳細については、TPAMレセプションのページをご覧ください。 Join us for an introduction to cutting-edge Finnish and Norwegian performing arts! Reception with light breakfast starting at 10:40, pitch program starting already at 11:10. See TPAM/Reception for more information.
Tom Hakala, Finland

13:00-13:40

シンガポールにおける自主制作Independent Producing in Singapore

3号室Room 3
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Hoo Kuan Cien and Mohamad Shaifulbahri (Shai), Producers SGHost: Hoo Kuan Cien and Mohamad Shaifulbahri (Shai), Producers SG
トピック:プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Platform, Networking, Community, Collaboration

Producers SGは独立したプロデューサー、アートマネジャー、アーティストのためのネットワークです。活発な実践型コミュニティーを構築するために、日常的な交流やデジタルリソースの共有を通じて、それぞれをつなげます。 このセッションではシンガポールでの国際的なコラボレーションに興味をお持ちの方に向けて、Producers SGの活動や、コンテンポラリーパフォーマンス分野で活躍するインディーズアーティストやプロデューサーたちの活動を紹介します。 Producers SG is a network for independent producers, arts managers, and artists in Singapore. Through our regular socials and sharing of digital resources, we connect the sector to build an affirmative community of practice. This session will introduce the activities of Producers SG and key indie artists / producers in the field of contemporary performance. Suitable for those curious about or wish to collaborate internationally with Singapore.

Artist Farmの紹介 - Theatre Practice による Artist ResidencyIntroduction to Artist Farm - An Artist Residency by The Theatre Practice

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:The Theatre PracticeHost: The Theatre Practice
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Festival, Platform, Venue / Space, Networking, Collaboration

〔12時のセッションからの続き〕 Artist Farmにはプロセスを大事にし、演劇を中心とした芸術的な交流に参加するために、様々な分野から国際的なアーティストやドラマトゥルクが集います。今回は、アーティストが、創造と格闘をするための活発な空間作りを目的とした、Theatre Practiceの継続的な試みの一部や、コミュニティのニーズに対応する先進的な舞台芸術空間として、私たちの新たな取り組みについて紹介します。 [A continuation from the 12:00 session] Artist Farm gathers international artists and dramaturgs from diverse disciplines to participate in a process-oriented and play-centric artistic exchange. This is part of Practice's ongoing efforts to actively make space for artists to spar and create. It's an opportunity to learn more about our initiatives as a progressive performing arts space to address the needs of our community.

アーティスト サロン レセプション CAPACOA (Canadian Arts Presenting Association)Artists’ Salon and Reception Canadian Arts Presenting Association (CAPACOA)

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)Host: CAPACOA Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration

Natalie Gan (Hong Kong Exile)、Shauna Kadyschuk (STO Union)、Andrea Nann (Dreamwalker Dance)、 Heidi Strauss (Adelheid)、という、4組の革新的なカナダのダンス、パフォーマンス、演劇のアーティストやカンパニーの仕事を紹介します。カナダの優れたプログラマーMichael Caldwell、Marie Coderre、Nicole Mion、Mirna Zagarと共に、Norman Armourと恩田晃が司会を務めるインタビュー形式のアーティストサロンに、ぜひご参加ください。 An opportunity to meet and discover 4 ground-breaking Canadian dance, performance, and theatre artists/companies: Natalie Gan (Hong Kong Exile), Shauna Kadyschuk (STO Union), Andrea Nann (Dreamwalker Dance), Heidi Strauss (Adelheid). Join us for an interview-style format facilitated by curators Norman Armour and Aki Onda, along with leading Canadian programmers Michael Caldwell, Marie Coderre, Nicole Mion and Mirna Zagar.

ARTWAVEトーク: アーカイブ精神- 創造性としてのダンスアーカイブARTWAVE Talk: Archival Mind: Dance Archive as a Creative Activity

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:WANG Po-wei(ET@T), CHEN Wu-kang(HORSE), Claire Hicks(Critical Path)Host: WANG Po-wei(ET@T), CHEN Wu-kang(HORSE), Claire Hicks(Critical Path)
トピック:アーティスト/クリエーション、会場/スペース、ネットワーキング、研究開発Topic: Artist / Creation, Venue / Space, Networking, R&D

3人のホストがダンスアーカイブに関するプレゼンテーションを行います。ET@TのWANG Po-wei からは、アーカイブかライブというタイトルの、デジタルツールを使用したアーカイブの調査について、振付家CHEN Wu-kangはDancing Talking Barを振り返り、これまでの作品やアーティスト、批評についての映像を紹介し、Critical Path Sydney のClaire Hicks からは、レジデントアーティストのデジタルアーカイブとデジタルレジデンシーについてそれぞれ話します。 Three hosts from different perspectives on dance archiving: Archive or Alive by ET@T, WANG Po-wei talks about archive exploration on using digital tools; Back to the moment Dancing Talking Bar curated by choreographer CHEN Wu-kang, brings videos of former works, artists, and critics together to recapture the moment; Claire Hicks from Critical Path Sydney, would share about the upcoming digital archive of resident artists and digital residency.
ET@T

14:00-14:40

国際共同制作の甘美なる冒険の旅 ~Very Theatre国際共同制作ノートVery Theatre's Sweet and Bitter Adventure into International Co-Productions

3号室Room 3
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Chou Tung-Yen (Director, Very Theatre)Host: Chou Tung-Yen (Director, Very Theatre)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Community, Collaboration, Co-production / Commission

この6年間、台湾マルチメディア劇団-Very Theatreは、デンマーク、オランダ、オーストラリアとの共同制作を成し遂げ、更にそれらの作品を計6都市でのパフォーマンスに成功しました。これは協力な補助システムのおかげ?それとも引き寄せの法則による導き?あるいは、お互いを理解するための必然?是非Very Theatreの国際共同制作の甘美なる冒険の道のりを共有させてください。 How did a small interdisciplinary theatre company from Taiwan manage to make 3 international co-productions with theatres/artist collective from Danmark, the Netherlands and Australia in 6 years and performed in 6 cities around the world? Through the supportive funding system? Led by the law of attraction? Prompted by the strong mutual need to understand each other under the current environment? We would like to share with you our experience, either bitter or sweet, gained along the way.
"Facing Cities" by Niels Knelis Meijer

狭間にいること:中国の1990年代生まれのアーティストとその活動Being in the gap: Theater artists of China’s Post-90s Generation and their practice

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:YANG Zhen (Dancer/Choreographer), WANG Mengfan (Director/Choreographer)Host: YANG Zhen (Dancer/Choreographer), WANG Mengfan (Director/Choreographer)
トピック:アーティスト/クリエーション、文化政策Topic: Artist / Creation, Cultural Policy

ポスト天安門の第一世代として、1990年代生まれの中国のシアターアーティストたちは、国内で同じシチュエーションに直面しながらも、以前の世代とは異なる形態でグローバルコンテクストにさらされています。環境は、アーティストであることを決断し、芸術的な表現をすることにどれほど影響を与えるのでしょうか。自らが自分たちの観客を選択することはできるのでしょうか。 As the first generation to grow up in the post-Tiananmen era, theater artists of China’s Post-90s generation have found a different way being exposed in the global context from previous generations, but facing the same situation inside of China. How much does the environment affect their decision of being artists and their artistic expressions? Are they able to choose their own audience?

障壁と突破口: ダンス映像に何ができるか? (パート1: シェアとディスカッション)Walls and breakthrough: What can screendance do? (Part I: Sharing & Discussion)

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)Host: Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)
トピック:フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Festival, Platform, Networking, Collaboration, Co-production / Commission

今日、ダンスアーティストや映像製作者、振付家によるダンスの映像製作が全世界で急増しています。アジアの産業にとっては、アジアでそのメディアや観客の拡大を目指す、新しいダンス映像の祭典や製作委員会、オンライン上のプラットフォームまたは美術館とともに、リソースのさらなる協力や融合を行うことで、今後発展していくことが可能でしょう。これからのダンス映像の新たな可能性とチャンスとは何かを考えます。 Dance filmmaking is a widely emerging practice amongst dance artists, filmmakers and choreographers in the world today. With new dance film festivals, commissions, online platforms and museums exploring the development of this medium and its audience in Asia, there is an opportunity for the industry in Asia to evolve through greater cooperation and assimilation of resources. What are the new possibilities and opportunities for dance film ahead?
cinemovement

舞台芸術のためのアーティスト・イン・レジデンス:城崎国際アートセンターの紹介Artists In Residence for Performing Arts: Introduction of Kinosaki International Arts Center

9号室Room 9
言語:日本語・英語・逐次通訳ありLanguage: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:吉田雄一郎(城崎国際アートセンター_プログラム・ディレクター)Host: Yuichiro Yoshida (Program Director, Kinosaki International Arts Center)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、助成/支援、アーティスト・イン・レジデンスTopic: Artist / Creation, Platform, Venue / Space, Networking, Community, Funding / Support

城崎国際アートセンター(KIAC)は、兵庫県豊岡市の温泉街に位置する舞台芸術専門の滞在型創作施設です。ホールと6つのスタジオ、最大22名滞在可能なレジデンスで構成された日本国内最大級の創作拠点で、都市部の喧騒から離れ、創作に集中することの出来る施設として高い評価を受けています。2014年の開館以来、100組を超えるアーティストを受け入れてきたKIACの創作環境やAIRプログラムをご紹介します。 Kinosaki International Arts Center (KIAC) is the residential creative facility for performing arts located in hot spring resorts in Toyooka city in Hyogo Prefecture. It is the largest creation facility in Japan including a hall and six studios also consists of residential facility which admit 22 people maximum. It is also acclaimed as a facility to escape the bustle of the city to provide artists to concentrate on creation. More than 100 groups of artists have been admitted in KIAC since opening in 2014, and we will introduce creation environment and AIR program of KIAC.
Madoka Nishiyama

15:00-15:40

世界最大のフェスティバルにおけるアーティストネットワークの可能性Introducing Asia @ the Fringe Network

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:山下 円 (mycreate.)、石曽根 有也 (mycreate.)、Mohamad Shaifulbahri (Shai) (Bhumi Collective)Host: Madoka (Maddy) Yamashita (mycreate.), Yuuya Ishizone (mycreate.), Mohamad Shaifulbahri (Shai) (Bhumi Collective)
トピック:フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration

2016年にエディンバラ・フェスティバル・フリンジで始動したアジア圏アーティスト・クリエイターのネットワーク「Asia @ the Fringe Network」の紹介を通して、今後の展開やコラボレーションそして交流プラットフォームという無限の可能性を、これから世界に作品を発信することを目指すアーティストやクリエイターとオープンに話せる場です。 Maddy and Shai invite you to find out more about the Asia @ the Fringe Network which was formed during the Edinburgh Festival Fringe in 2016. This emerging network has unlimited possibilities and our table meeting is suitable for those who are interested in bringing projects to Edinburgh and we hope, through everyone's unique experiences, this network might also grow at other Fringes.

シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Host: Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキングTopic: Artist / Creation, Production, Networking

ニュージーランドの著名なアーティスト、ダニエル・ベルトンがGood Company Arts (アオテアロア ニュージーランド)と共に代表作品を紹介します。Good Company Artsは、ライブイベント、展示、インスタレーションなど様々なアートフォームを融合させ、クリエーションをしています。これまで、劇場やギャラリー、美術館、空き地、建物のメディアファサード、映画館、プラネタリウム、そして最近ではVRプラットフォームにおいて、彼らの先駆的な作品は国際的に称賛されてきました。ようこそ!皆さんを歓迎します。 New Zealand Arts Laureate, Daniel Belton, presents excerpts of his current projects with Good Company Arts (Aotearoa New Zealand). Good Company Arts creates live events, exhibitions and installations through the fusion of multiple art forms. Their pioneering work has been internationally celebrated at theatres, galleries, museums, found spaces, on media and architectural facades, in cinemas, planetariums and most recently with VR platforms. Nau Mai, Haere Mai! All Welcome!
goodcompanyarts.com

障壁と突破口: ダンス映像に何ができるか? (パート2: 上映)Walls and breakthrough: What can screendance do? (Part II: Screening)

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)Host: Jumping Frames (Hong Kong), Rollout (Macao), Cinemovement (Singapore)
トピック:フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Festival, Platform, Networking, Collaboration, Co-production / Commission

今日、ダンスアーティストや映像製作者、振付家によるダンスの映像製作が全世界で急増しています。アジアの産業にとっては、アジアでそのメディアや観客の拡大を目指す、新しいダンス映像の祭典や製作委員会、オンライン上のプラットフォームまたは美術館とともに、リソースのさらなる協力や融合を行うことで、今後発展していくことが可能でしょう。これからのダンス映像の新たな可能性とチャンスとは何かを考えます。 Dance filmmaking is a widely emerging practice amongst dance artists, filmmakers and choreographers in the world today. With new dance film festivals, commissions, online platforms and museums exploring the development of this medium and its audience in Asia, there is an opportunity for the industry in Asia to evolve through greater cooperation and assimilation of resources. What are the new possibilities and opportunities for dance film ahead?
cinemovement

舞台芸術界のハラスメントや性暴力について一緒に考えませんか?Working together to confront harassment and sexual assault in the performing arts community

9号室Room 9
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:塚口麻里子(ON-PAM・理事長兼事務局長)、鈴木みのり(ライター)、奥田安奈(アーツマネージャー)、他Host: Mariko Tsukaguchi (President / Secretary General, ON-PAM), Minori Suzuki (Writer), Anna Okuda (Arts Manager, A+K), others
トピック:プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティTopic: Platform, Networking, Community

当会は、2018年春に亜女会+ON-PAM有志を中心に、舞台芸術界のセクハラ問題勉強会として始まりました。セクハラや性暴力を個々の問題に矮小化せず、閉じた関係性の中で、作品製作上の「パワー」がハラスメントと結び付きやすい業界特有の構造などにも目を向けています。昨年のTPAMグループミーティングでの発表後、会の枠組を整え、相談窓口リスト作成のワーキング・グループを開設。今回はその活動報告を行います。 Our group was created in spring 2018 primarily by volunteers from Asian Women Performing Arts Collective (Ajokai) and Open Network for Performing Arts Management (ON-PAM) to examine the issues of sexual harassment in the performing arts community. Refusing to trivialize sexual harassment or assault as “personal matters,” we turn our attention to issues such as the structure of this industry, wherein artistic power within closely knit teams easily leads to abuse. We will talk about our discussion on the framework of this group and the creation of a list of resources for victimless of harassment and assault, which we started working on after our presentation at last year's TPAM Group Meeting.

16:00-16:40

セゾン・アーティスト・イン・レジデンスSaison Artist in Residence

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:稲村太郎(公益財団法人セゾン文化財団/プログラム・オフィサー)Host: Taro Inamura (Program Officer, The Saison Foundation)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コラボレーション、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Platform, Venue / Space, Networking, Collaboration, R&D, Funding / Support

セゾン文化財団では東京・江東区の森下スタジオを拠点に滞在型の芸術創造や日本の芸術文化の研究を支援するプログラムを実施しています。 海外の演出家や劇作家、振付家を対象にしたプログラムのほか、海外のプレゼンターやプロデューサーを対象に日本の舞台芸術シーンのリサーチを支援するプログラムがあります。 日本の舞台芸術やアーティスト・イン・レジデンス、エクスチェンジ・プログラムに興味のある方は必見です。 With Morishita Studio in Tokyo’s Koto ward as its home base, the Saison Foundation develops programs that support creative residences, research on Japanese art and culture, and more. In addition to programs for directors, playwrights, choreographers, and other performing artists from abroad, the Foundation offers support to foreign presenters, producers, and other professionals in research concerning the Japanese performing arts scene. This talk is a must-see for those interested in Japanese performing arts, artist in residence programs, or exchange programs.

神里雄大×マーク・テ リサーチ・コラボレーションプロジェクトYudai Kamisato×Mark Teh Research Collaboration Project

4号室Room 4
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:神里雄大(劇作家、演出家、小説家)、﨑山貴文(株式会社precog_制作)Host: Yudai Kamisato(Playwright, Director, Novelist), Takafumi Sakiyama(precog, producer)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Production, Collaboration

2019年度より始動した、神里雄大(日本)とマーク・テ(マレーシア)によるリサーチ・コラボレーションプロジェクト。 両アーティストが、互いに影響を与え合いながら新たな視座を獲得し、創作の深化ヘも与することを目的としています。 沖縄とその周辺の離島、及びタイ・チェンマイ/バンコクで実施したリサーチでの体験と、そこから生まれる最新作について、アーティスト本人が語ります。 The research collaboration project between Yudai Kamisato (Japan) and Mark Teh (Malaysia) began in 2019. Both artists aim to gain new perspectives as they draw influence from each other, deepening their creative work. The artists will be present to discuss their experiences while conducting research in Okinawa and nearby islands, and Thailand’s Chiang Mai and Bangkok, as well as the new work that has emerged as a result.

ケベック(カナダ)のアーティスト/カンパニー 紹介のプレゼンテーションQuebec Artists - Information Session

6号室Room 6
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:アラン・パレ(シナール 代表取締役), 久山友紀(ケベック州政府在日事務所 文化・公的機関担当官)Host: Alain Paré(CEO, CINARS), Yuki Kuyama(Cultural Attaché, Délégation générale du Québec à Tokyo)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Platform, Networking, Collaboration

ケベックからの舞台芸術カンパニーがそれぞれのアーティストや作品を紹介するセッション。コンテンポラリーダンス、インターディシプリナリー・アート(多元芸術)、演劇、コンテンポラリー・サーカスや音楽などを発見してください。また、コンテンポラリーダンス、マルチディシプリナリーや児童向けパフォーマンスのプロデューサーも来日し、参加予定。意見交換や、プロジェクト、パートナーシップを生み出す有意義な機会です。 The information Session will allow several artistic companies from Quebec to present works from their respective artists. You’ll discover contemporary living artists in the fields of contemporary dance, interdisciplinary arts, theatre, contemporary circus and music. We will be joined by Quebec programmers in the fields of contemporary dance, multidisciplinary and children shows. This is a good opportunity to generate meaningful discussions, projects and partnerships.

「からだの速度で」フェスティバル/トーキョーの展望"Body Speed" Perspectives on Festival / Tokyo

7号室Room 7
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:長島確(フェスティバル/トーキョー ディレクター)、河合千佳(フェスティバル/トーキョー 共同ディレクター)Host: Kaku Nagashima (Festival/Toky,Director), Chika Kawai (Festival/Toky,Co-Director)
トピック:フェスティバルTopic: Festival

「人と都市から始まる舞台芸術祭」として、都市型フェスティバルの可能性とモデルを更新しているフェスティバル/トーキョー(F/T)。これまで12回開催されたフェスティバルでは、演劇、ダンス、音楽、美術、映像等のプログラムの実施だけではなく、地域との協業や人材育成にも力を入れてきました。F/Tの概要を過去の上演作品を交えて紹介するとともに、今後の展開や研究開発プログラムについてもお話します。 “A performing arts festival born from the city,” Festival/Tokyo (F/T) reimagines the possibilities and paradigms of urban arts festivals. With 12 editions under its belt, F/T has not only showcased theater, dance, music, fine art, video, and more, but also emphasized local collaborations and human resources development. This talk will intersperse an overview of the festival with examples of previously performed work, including discussion of topics such as future directions and research and development programs.

UK outdoor performance sector の紹介 Introduction to the UK outdoor performance sector

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:XTRAX Arts, UK - Irene Segura (International Relations) and Hannah Hartley (Project Manager) Host: XTRAX Arts, UK - Irene Segura (International Relations) and Hannah Hartley (Project Manager)
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Festival, Platform, Networking, Collaboration

XTRAX は、UK outdoor performance sectorの概要と、成長し続ける国際市場でのコラボレーションと交流の機会について紹介します。XTRAXにはアウトドア アートの発展において18年の経験があり、UK(Without Walls)最大のアウトドア アート フェスティバルのコンソーシアムのマネージメントや、国際ショーケースのイベントや交流のサポート、UKのアウトドア アーティストのプロモーションや海外公演をサポートしています。 XTRAX will present an overview of the UK outdoor performance sector, a growing international market with opportunities for exchange and collaboration. XTRAX has over 18 years' experience in the development of outdoor arts, including managing the largest consortium of outdoor arts festivals in the UK (Without Walls) and delivering international showcase events to support exchange, promotion and export of UK outdoor artists.

2.12(水)2.12 Wed

12:00-12:40

アーツコミッション・ヨコハマ助成プログラムのご紹介Introduction to Arts Commission Yokohama's Grant Program

4号室Room 4
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:里見有祐(横浜市芸術文化振興財団 広報・ACYグループ プログラム・オフィサー)Host: Yusuke Satomi(Program Officer, Yokohama Arts Foundation PR and ACY Group)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、文化政策、コラボレーション、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Platform, Networking, Community, Cultural Policy, Collaboration, R&D, Funding / Support

アーツコミッション・ヨコハマは、横浜に集うアーティスト・クリエイターをはじめ様々な「創造の担い手」をサポートするプロジェクトです。このセッションでは、そのひとつである助成プログラムを中心に特徴や事例を交えてご紹介いたします。 The Arts Commission Yokohama is a project that supports creative leaders, such as those gathered in Yokohama for TPAM. In this session we will focus on one part of the project: explaining the structure of our grant program, with examples.

分散型から参加型へFrom Decentralization to Participation?

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:#StandWithHongKongHost: #StandWithHongKong
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、コミュニティ、文化政策Topic: Artist / Creation, Platform, Community, Cultural Policy

香港では6月、中国本土への引き渡しを認める条例への抗議行動が勃発しました。民衆の分散型が奏功し、人々は自身のアイディアとプロジェクトを開始しました。一般参加型のアートと都市周辺で行われるパブリックアートには相違がありますが、アートのプラクティショナーたちはその流れや動向にどのように対応していくべきなのでしょうか。アートメーキングのプロセスにおいて、一般参加型とは何を意味しているのでしょう?我々の任務とは何でしょうか? Hong Kong's protests started in June against plans to allow extradition to mainland China. Through the decentralization awareness of the public, people have started to initiate their own ideas and projects. There're different participatory arts/ public arts happening around the city. As art practitioners, how could we cope with this trend and wave? What's the meaning of participatory in the art-making process? What is our role?
Kenji Wong/ Stand News

ARTWAVE トーク:未定義- 次世代の踊り手プラットフォームに向けた実践ARTWAVE Talk: To Be Defined: Dance Practices to Movers’ Platform in the New Generation

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Hiroaki Umeda(choreographer), FANG Jun-wei, WANG Ning, YU Wan-lun, (Movers, Taiwan), SU Ping-wen(Independent Choreographer)Host: Hiroaki Umeda(choreographer), FANG Jun-wei, WANG Ning, YU Wan-lun, (Movers, Taiwan), SU Ping-wen(Independent Choreographer)
トピック:アーティスト/クリエーション、プラットフォーム、ネットワーキング、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Platform, Networking, Collaboration

ダンスと振付は常に進化しており、今も再定義され続けています。日本人振付家の梅田宏明は次世代のダンスと振付に向けた提案としてARTWAVE とともに踊り手のプラットフォームを立ち上げました。台湾の若手振付家SU Pin-wenは彼女の稽古やワークショップ、フェミニズムの概念について展開します。 Dance and choreography practices have always been evolving and keeping redefining the time we are at. Japanese choreographer Hiroaki Umdea brings the Movers' Platform along with ARTWAVE as a proposal towards the dance and choreography in the coming generations. SU Pin-wen, young Taiwanese choreographer revolving around her practices, workshops and conception of Feminism.
Lô Bōo-Him

13:00-13:40

アジアの舞台芸術制作者/ネットワーク/プラットフォームとの連携についてCooperation with Asian performing arts producers/networks/platforms

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:齋藤啓(ON-PAM理事)、塚口麻里子(ON-PAM理事長兼事務局長)Host: Kei Saito (Board member, ON-PAM), Mariko Tsukaguchi (President/Secretary General, ON-PAM)
トピック:プラットフォーム、ネットワーキングTopic: Platform, Networking

ON-PAM(舞台芸術制作者オープンネットワーク)は、舞台芸術制作者個人が主体となり参加している国際的ネットワークです。制作者へのエンパワメントを通じて社会を変えていくことをミッションとし、同時代の舞台芸術の社会的役割の定義と認知普及、文化政策等への提案・提言に関する活動をしています。アジアの舞台芸術制作者やネットワーク、プラットフォームとどのように協働していけるのか話合います。 ON-PAM is an international network for individuals involved in the performing arts. With the mission of changing society through the empowerment of performing arts managers, we are engaged in defining and promoting the recognition of the social role of contemporary performing arts, and advocating for cultural policies. We will discuss the possibility of future collaboration with Asian performing arts producers, networks, and platforms.

シアター・オブ・ライトTHEATRE OF LIGHT

4号室Room 4
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)Host: Good Company Arts (Aotearoa New Zealand)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキングTopic: Artist / Creation, Production, Networking

ニュージーランドの著名なアーティスト、ダニエル・ベルトンがGood Company Arts (アオテアロア ニュージーランド)と共に代表作品を紹介します。Good Company Artsは、ライブイベント、展示、インスタレーションなど様々なアートフォームを融合させ、クリエーションをしています。これまで、劇場やギャラリー、美術館、空き地、建物のメディアファサード、映画館、プラネタリウム、そして最近ではVRプラットフォームにおいて、彼らの先駆的な作品は国際的に称賛されてきました。ようこそ!皆さんを歓迎します。 New Zealand Arts Laureate, Daniel Belton, presents excerpts of his current projects with Good Company Arts (Aotearoa New Zealand). Good Company Arts creates live events, exhibitions and installations through the fusion of multiple art forms. Their pioneering work has been internationally celebrated at theatres, galleries, museums, found spaces, on media and architectural facades, in cinemas, planetariums and most recently with VR platforms. Nau Mai, Haere Mai! All Welcome!
goodcompanyarts.com

あいちトリエンナーレ2019 から シアターコモンズ’20 へ:キュレーションの意義と実践From Aichi Triennale 2019 to Theater Commons ’20: curation’s significance and practice

6号室Room 6
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:相馬千秋、岩城京子、NPO法人芸術公社Host: Chiaki Soma, Kyoko Iwaki, Arts Commons Tokyo
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Co-production / Commission

第4回目となるシアターコモンズ’20のコンセプトやプログラムについて、ディレクターの相馬千秋と企画アドヴァイザーの岩城京子が対話形式でご紹介します。先のあいちトリエンナーレで製作した小泉明郎によるVR演劇作品『縛られたプロメテウス』や、2020年5月にドイツの世界演劇祭をはじめ海外ツアーを控えた市原佐都子(Q)『バッコスーホルスタインの雌』についても映像等を交えて解説。今日の舞台芸術における「キュレーション」の意義を考察します。 This conversation with director Chiaki Soma and project advisor Kyoko Iwaki will introduce the concept and program of the 4th edition of Theater Commons Tokyo. They will also provide videos and commentary on Meiro Koizumi’s VR theater work "Prometheus Bound", created at the recent Aichi Triennale, and Satoko Ichihara (Q)’s "The Bacchae−Holstein Milk Cows", which has embarked on an international tour that includes Germany’s Theater der Welt in May 2020. The discussion will focus on an inquiry into the significance of curation in the performing arts today.
(c) Aichi Triennale 2019 Photo: Shun Sato

東京芸術祭のご紹介Introduction of Tokyo Festival

7号室Room 7
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:横山義志(東京芸術祭ワールドコンペティションディレクター)、杉田隼人(としま国際アート・カルチャー都市発信プログラムディレクター)Host: Yoshiji Yokoyama(Tokyo Festival World Competition 2019 Director), Hayato Sugita (TOSHIMA International City of Arts & Culture Program Director)
トピック:フェスティバルTopic: Festival

東京芸術祭は、フェスティバル/トーキョー、APAF–アジア舞台芸術⼈材育成部⾨、東京芸術劇場や豊島区などと連携し、東京都豊島区池袋エリアを中心に展開する国際舞台芸術祭です。2018年からは宮城聰総合ディレクターと「プランニングチーム」のメンバーが協働し展開しています。今回のグループ・ミーティングでは、これまでの事業と来年度以降の東京芸術祭の展望についてご紹介します。 Tokyo Festival is an international performing arts festival that mostly occurs in Ikebukuro, Tokyo. It was established in 2016 in cooperation with Festival/Tokyo, APAF-Asian Performing Arts Forum, Tokyo Metropolitan Theatre, and Toshima-Ward. The General Director, Satoshi Miyagi and the "Planning Team" have been collaborating since 2018. In this meeting we will introduce our past projects and outlook for Tokyo Festival.

伝統芸能における国際共同制作と創作、異分野・異文化との協働についてInternational co-production and inter-cultural/disciplinary projects in traditional performing arts

9号室Room 9
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:清水寛二(銕仙会・能役者)、奥田安奈(A+K・アーツマネージャー)Host: Kanji Shimizu (Noh Master, TESSEN-KAI Noh Theater Association), Anna Okuda (Arts Manager, A+K)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Collaboration, Co-production / Commission

観世流能役者・清水寛二(銕仙会)が、伝統芸能における国際共同制作や現代社会を反映した新作創作の可能性、また伝統芸能の異分野・異文化との協働について、お話しします。今回は、日本・オーストリア共同制作の新作能「ヤコブの井戸」の創作と上演(2019年初演)、能のテキストをベースにした人形遣いやジャズ・ミュージシャンとの共同プロジェクト、また多国籍の現代舞台芸術への出演経験などに基づいて、お話しします。 Kanji Shimizu, a noh master of TESSEN-KAI, will discuss his work with artists from different cultures or disciplines. He will share his experience creating "At Jacob's Well," a contemporary noh piece developed with an Austrian artist and premiered in 2019, and talk about how modern society’s issues can be explored and presented with traditional forms and techniques.
TESSEN-KAI

14:00-14:40

「秘すれば花」を越えて:舞台芸術における「ことば」の重要性の高まりについてDisclosing the ‘Hidden Flower’: On the Increasing Significance of ‘Words’ in Performing Arts

3号室Room 3
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:渡辺紀子(立命館大学_非常勤講師)Host: Noriko Watanabe (Adjunct Lecturer Ritsumeikan University)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキング、コミュニティ、文化政策、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Production, Networking, Community, Cultural Policy, R&D, Funding / Support

世阿弥による「秘すれば花」の教えの影響か、日本では芸術家たちが自らの作品を語ることは言わばタブー視されてきた。一方、TPAMが示すように芸術諸分野では「ことば」の重要性がグローバルに高まっている。このミーティングでは、①「ことば」の必要性への気づきと国際比較、②ことばを使うことのジレンマや課題、③創作過程での「ことば」の役割と創作活動全般への影響、④批評家などとの役割分担の変化などについて話し合いたい。 “If it is hidden, it is the Flower.” This is a famous teaching by Zeami, a legendary Noh playwright and performer, who lived in medieval Japan. Influenced by him or not, it has been seen as a taboo for Japanese artists to explain their works. However, as is exemplified by TPAM, there is an increasing significance of ‘words’ in both visual and performing arts across the globe. In this meeting, Sharing the organiser’s research findings, participants will discuss the following: 1) When and how did you realise you needs to use ‘words’ for your profession? Do you see any differences in needs between countries?; 2) What are major dilemma and challenges in verblising your works and/or performances?; 3) Do you need ‘words’ or images when you create your work? How are ‘words’ involved in the process of creation?; 4) What are major effects of using ‘words’ on your art practice?; 5) Do you find any changes with the division of labour and relationship between artists and professionals who mainly use ‘words', i.e. critics and researchers?

“Hello, See you.” ─「アジア」という認識の枠を越えて─“Hello, See you.” - Beyond the recognition frame as “Asia”-

4号室Room 4
言語:英語・必要に応じて日本語へのウイスパリング通訳Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:住吉山実里(orangcosong_アーティスト/ダンサー)藤原ちから(orangcosong_アーティスト/批評家)Host: Minori Sumiyoshiyama(orangcosong_Artist/Dancer), Chikara Fujiwara(orangcosong_Artist/Critic)
トピック:アーティスト/クリエーション、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Artist / Creation, Networking, Community, Collaboration

アジアを中心に活動してきたorangcosongが、「冒険の書」による遊歩プロジェクト『演劇クエスト』、沈黙の対話を生む『筆談会』、トランスナショナルなテーブルパフォーマンス『IsLand Bar』を紹介。また4月から始まる旅=プロジェクト『Hello, See you.』のキックオフMTGを開催します。「アジア」という認識の枠を越え、この世界で持続的に活動する道を共に探りましょう。来てネ! orangcosong acting in Asia introduces the projects: 1) "ENGEKI QUEST", flaneur-style walking project with Adventure Book, 2) "Hitsudankai", dialogues by only writing in silence, 3) "IsLand Bar", transnational table performance. We will also hold a kick-off MTG of our new journey=project "Hello, See you." which will start from April. Let's explore the ways together to be sustainable in the world beyond the recognition frame as "Asia". Join us!!
Hajime Kato

次世代とは誰か?-次世代舞台芸術制作者等育成事業@TPAM2020 Who's the Next Generation? - Next Generation: Producing Performing Arts@TPAM2020

6号室Room 6
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:リン・ディン(インディペンデントプロデューサー/アートマネージャー、ハノイ)、堀 朝美(一般社団法人贅沢貧乏, 東京)、神川美優(合同会社syuz'gen, 東京)、コー・ゲイッチェン(Little Door Festival フェスティバルマネージャー, ペナン) 、マイカ・ピント(Para Sa Sining エグゼクティブプロデューサー, マニラ) 、モク・ツイイン(インディペンデントプロデューサー, シンガポール) 、マイケル・HB・ラディティヤ(ガジャ・マダ大学舞台芸術・美術研究科/編集者/ライター, ジョグジャカルタ) 、曽根千智(こまばアゴラ劇場 プログラムオフィサー・プロデューサー, 東京) 司会:グレイ・ヨー(インターナショナル・ディヴェロップメント・コンサルタント、オーストラリア・アーツカウンシル, シンガポール)Host: Linh Dinh (Independent Art Manager and Producer, Hanoi), Asami Hori (Director, Production Manager of a general incorporated association of ZEITAKU BINBOU, Tokyo), Miyuu Kamikawa (Coordinator, titled "Barrier Leaper" / Management Team of syuz’gen, LLC., Tokyo), Koe Gaik Cheng (Festival Manager of Little Door Festival, Penang), Micah Pinto (Executive Director of Para Sa Sining Collaboratory Inc., Manila), Mok Cui Yin (Independent Producer, Singapore), Michael HB Raditya (Editor / Writer / Performing Arts and Visual Arts Studies, Graduate School, Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta), Chisato Sone (Program Officer, Director of Komaba Agora Theatre, Tokyo), Moderator: Grey Yeoh(International Development Consultant / Australia Council for the Arts, Singapore)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration, Co-production / Commission

Next Generation: Producing Performing Arts は、国際交流基金アジアセンターが2016年度より毎年実施している、東南アジアと日本の若手舞台芸術制作者等のためのプログラムです。TPAM2020で初めて出会う今回のメンバー8名が、それぞれの活動について簡単に紹介します。舞台芸術制作に携わる次世代について話し、考える場を作ります。 Next Generation: Producing Performing Arts is a program for emerging producers from Southeast Asia and Japan, organized by the Japan Foundation Asia Center every year since 2016. Eight members of the program this time will get together for the first time at TPAM2020. Each will tell about its activity and context briefly. This meeting will be a space to talk and think about next generations, who produce and create performing arts.

アジア現代サーカスネットワーク「CAN」と日本におけるネットワーキング構築New Asian contemporary circus network "CAN" and the networking in Japan

7号室Room 7
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:田中未知子(一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー 代表理事)Host: Michiko Tanaka (Director/Founder, Setouchi Circus Factory)
トピック:フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーションTopic: Festival, Platform, Venue / Space, Networking, Community, Collaboration

2018年より、アジア・オセアニア7カ国12団体で現代サーカスネットワーク「CAN(Circus Asia Network)」が始動しました。(瀬戸内サーカスファクトリーはCANの設立コアメンバー)設立から年2~3回の会議を経て、いよいよ共同事業にも着手し始めています。CANの紹介と今後の日本ネットワーキングについて、CANメンバーを交えて話します。 We've launched an Asian contemporary circus network "CAN" (Circus Asia Network) in 2018 with seven countries from Asia and Oceania. (Setouchi Circus Factory is one of core members) Some of the members have started some collaborative projects. We'd like to introduce CAN with some of the members and also to explain about a Japanese future circus network that we're designing with some of partners.

東京芸術祭 APAF(アジア舞台芸術ファーム)の目指す育つ場Asian Performing Arts Farm (APAF)’s ambitions for a center for learning and growth

9号室Room 9
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:APAFディレクター 多田淳之介Host: Junnosuke Tada (APAF Director)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱、研究開発Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration, Co-production / Commission, R&D

APAFは東京芸術祭の唯一の人材育成プログラムで、アジアの若手アーティストを対象に毎年参加者を公募しています。トランスカルチュラルな環境での国際的な活動への試行や問題意識の掘り下げを目的としたアーティストファームとして、多文化作品創造のトライアル「Exhibition」アジア2都市に滞在するアートキャンプ「Lab.」など各プログラムの詳細、育つ場としての展望をAPAFディレクターがお話します。 Asian Performing Arts Farm (APAF) is Tokyo Festival’s sole human resources development program, holding annual open recruitments among Asia’s young artists. As an “artist farm” that aims to prepare artists for international activities in a transcultural environment, deepen critical thinking, and more, APAF offers programs ranging from “Exhibition,” a multicultural production workshop, to “Lab,” an art camp taking place across two cities in Asia. APAF’s director will discuss each in detail, along with an overview of APAF as a center for learning and growth.
Photo:Toru Hiraiwa

15:00-15:40

全国学生演劇祭の紹介及び地域演劇の若手人材育成についてIntroduction of Japan Student Theater Festival and young people development for regional theater

3号室Room 3
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:日本学生演劇プラットフォームHost: JAPAN STUDENT THEATER PLATFORM
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、研究開発、助成/支援Topic: Artist / Creation, Festival, Platform, Networking, R&D, Funding / Support

2020年2月20〜23日に名古屋にて行われる全国学生演劇祭の紹介、及び各地の学生演劇祭を通じで培われたネットワークの活用について参加者から意見、要望などをお聞きし、今後の活動の参考にしたいと思います。また「あなたの過去が、誰かの未来と繋がっている」を合い言葉にこの活動に参画してくれる仲間を募集します。(2コマありますがどちらかにご参加頂ければ大丈夫です。通しで参加されるとより議論が深まります) We will introduce Japan Student Theater Festival in Nagoya from February 20th to 23rd in 2020. We will also hear opinions and requests from participants how to utilize network cultivated by student festivals in many places, and we would like to refer those inputs for our activities in future. We also ask your participation for this activity under the slogan of “Your past has connected to somebody’s future.”(There are two sessions. It is OK to participate one of these sessions, yet deep discussion is rather expected if you can participate both sessions.)

アジアと日本の現代サーカスネットワーキングについて、オープンディスカッションOpen discussion about Asian and Japanese contemporary circus networking

4号室Room 4
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:田中未知子(一般社団法人瀬戸内サーカスファクトリー 代表理事)Host: Michiko Tanaka (Director/Founder, Setouchi Circus Factory)
トピック:アーティスト/クリエーション、フェスティバル、プラットフォーム、会場/スペース、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Festival, Platform, Venue / Space, Networking, Community, Collaboration, Co-production / Commission

7号室で紹介した内容を受けて、アジアと日本における現代サーカスやネットワーキングについて、自由な形でディスカッションを行います。関心のある方はぜひ気軽にディスカッションに参加してください。 This session is designed basically for the participants of the previous session in the room 7, but everyone is welcome. In this session, we'd like to proceed the discussion with those who are interested in CAN (Circus Asia Network) and in a future circus network in Japan.
2018年琴平町のうどん店で実施したCANフォーラム

次世代とは誰か?-次世代舞台芸術制作者等育成事業@TPAM2020 Who's the Next Generation? - Next Generation: Producing Performing Arts@TPAM2020

6号室Room 6
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:リン・ディン(インディペンデントプロデューサー/アートマネージャー、ハノイ)、堀 朝美(一般社団法人贅沢貧乏, 東京)、神川美優(合同会社syuz'gen, 東京)、コー・ゲイッチェン(Little Door Festival フェスティバルマネージャー, ペナン) 、マイカ・ピント(Para Sa Sining エグゼクティブプロデューサー, マニラ) 、モク・ツイイン(インディペンデントプロデューサー, シンガポール) 、マイケル・HB・ラディティヤ(ガジャ・マダ大学舞台芸術・美術研究科/編集者/ライター, ジョグジャカルタ) 、曽根千智(こまばアゴラ劇場 プログラムオフィサー・プロデューサー, 東京) 司会:グレイ・ヨー(インターナショナル・ディヴェロップメント・コンサルタント、オーストラリア・アーツカウンシル, シンガポール)Host: Linh Dinh (Independent Art Manager and Producer, Hanoi), Asami Hori (Director, Production Manager of a general incorporated association of ZEITAKU BINBOU, Tokyo), Miyuu Kamikawa (Coordinator, titled "Barrier Leaper" / Management Team of syuz’gen, LLC., Tokyo), Koe Gaik Cheng (Festival Manager of Little Door Festival, Penang), Micah Pinto (Executive Director of Para Sa Sining Collaboratory Inc., Manila), Mok Cui Yin (Independent Producer, Singapore), Michael HB Raditya (Editor / Writer / Performing Arts and Visual Arts Studies, Graduate School, Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta), Chisato Sone (Program Officer, Director of Komaba Agora Theatre, Tokyo), Moderator: Grey Yeoh(International Development Consultant / Australia Council for the Arts, Singapore)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキング、コミュニティ、コラボレーション、共同製作/委嘱Topic: Artist / Creation, Production, Festival, Platform, Networking, Community, Collaboration, Co-production / Commission

Next Generation: Producing Performing Arts は、国際交流基金アジアセンターが2016年度より毎年実施している、東南アジアと日本の若手舞台芸術制作者等のためのプログラムです。TPAM2020で初めて出会う今回のメンバー8名が、それぞれの活動について簡単に紹介します。舞台芸術制作に携わる次世代について話し、考える場を作ります。 Next Generation: Producing Performing Arts is a program for emerging producers from Southeast Asia and Japan, organized by the Japan Foundation Asia Center every year since 2016. Eight members of the program this time will get together for the first time at TPAM2020. Each will tell about its activity and context briefly. This meeting will be a space to talk and think about next generations, who produce and create performing arts.
Hideto Maezawa

劇場で子どもたちと向かい合うためにFocusing: the children in the theater

7号室Room 7
言語:日本語・英語・中国語Language: Japanese, English, Chinese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)、田中真実(認定NPO法人STスポット横浜事務局長/横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)Host: Yasuhito Yano (Founder, and the Artistic Director of Theatre Company shelf), Koji Kurasako (Founder and the Director of Theatre Ort, and also the Chief Director of Tachikawa Culture Factory, Tachikawa’s abandoned school turned comprehensive cultural facility), Wang Nan (Theatre Producer), Wei Xunyi (Educator), Mami Tanaka(NPO ST Spot Yokohama executive director/Secretary General of Yokohama city art & culture education platform)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキング、コミュニティTopic: Artist / Creation, Production, Networking, Community

演劇は単純なクリエイティビティを発揮する場所であるだけでなく、舞台芸術におけるコラボレーション(協働)のフォームでもあります。 子どもたちが劇場に入るとき、彼/彼女らのまだ限られた人生経験と、ものごとを認知する能力とにはギャップがあります。子どもたちに、単に忍耐力をしつけること以外に、劇場で私たちは他に何ができるでしょうか? 劇場で子供たちと向かい合うための方法論について議論してみたいと思います。 Theatre is not only about creativity but also a collaborative form of performing art. When children enter the theatre, there is a gap in their limited life experience and cognitive ability. What else can we do besides giving them more patience? This is a discussion about the methodology for children in the theatre.

フロップ トレーニング プロジェクト:トレーニングをflopさせるにはWhat makes our training a flop? The Flop Training Project

9号室Room 9
言語:英語Language: English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)Host: Tung I-fen (Choreographer, M.O.V.E. Theatre), Fangas Nayaw (Choreographer/Director/Performer), Chen Lu-huan (Director/Performer)
トピック:アーティスト/クリエーション、ネットワーキング、研究開発Topic: Artist / Creation, Networking, R&D

パフォーミング アーティストに転向する前、Fangasはテニスの、Lu-huanはテコンドーのプレーヤーをしていました。彼らは過去のスポーツ分野での経験を生かした動きをクリエーションし、コンテンポラリーダンスの特徴に融合させてきました。このミーティングでは、身体の実験的プロジェクトを通してスポーツ的な動きをダンスの振付に翻訳していくことの可能性を探ります Before being performing artists, Fangas was a tennis player and Lu-huan was a taekwondo player. They applied their past experiences in sports to creating movements while thinking in sync with characteristics of modern dance. At this meeting, they wish to share their ongoing physical experimenting project in finding the possibilities of translating sports movement into dance choreography (or not).

16:00-16:40

全国学生演劇祭の紹介及び地域演劇の若手人材育成についてIntroduction of Japan Student Theater Festival and young people development for regional theater

3号室Room 3
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:森久憲生(日本学生演劇プラットフォーム)Host: Norio Morihisa(JAPAN STUDENT THEATER PLATFORM)
トピック:フェスティバル、プラットフォーム、ネットワーキングTopic: Festival, Platform, Networking

2020年2月20〜23日に名古屋にて行われる全国学生演劇祭の紹介、及び各地の学生演劇祭を通じで培われたネットワークの活用について参加者から意見、要望などをお聞きし、今後の活動の参考にしたいと思います。また「あなたの過去が、誰かの未来と繋がっている」を合い言葉にこの活動に参画してくれる仲間を募集します。(2コマありますがどちらかにご参加頂ければ大丈夫です。通しで参加されるとより議論が深まります) We will introduce Japan Student Theater Festival in Nagoya from February 20th to 23rd in 2020. We will also hear opinions and requests from participants how to utilize network cultivated by student festivals in many places, and we would like to refer those inputs for our activities in future. We also ask your participation for this activity under the slogan of “Your past has connected to somebody’s future.”(There are two sessions. It is OK to participate one of these sessions, yet deep discussion is rather expected if you can participate both sessions.)

下町で劇場を開く、ダンスを通じてコミュニティや人々と展開してきた10年間の過程。10 years of a shitamachi theater, 10 years of collaboration with communities and individuals through dance

4号室Room 4
言語:日本語Language: Japanese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:横堀ふみ(NPO法人DANCE BOXプログラム・ディレクター)Host: Fumi Yokobori(NPO DANCE BOX Program Director)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、コミュニティ、多文化Topic: Artist / Creation, Production, Community

DANCE BOXが、拠点を大阪より神戸の下町・新長田に移し、11年目にあたる現在、劇場から街にでて、地域の様々なコミュニティや人々の間を往来しながら展開してきたプログラムの数々を紹介します。2009年新長田で踊る人に会いに行く「新長田のダンス事情」から、2019年「下町芸術祭」に至る過程において、地域における劇場の役割や可能性について、歩きながら考え、考えながら歩いてきたことを話す予定です。 DANCE BOX is entering its 11th year since moving its base from Osaka to Kobe’s shitamachi (historically working-class district) Shin-Nagata. This talk covers our numerous programs that take dance from the stage to the streets, developed in association with various local communities and individuals. We will discuss how we thought on our feet and walked with our thoughts about the roles and possibilities of theaters in regional areas, throughout the changes DANCE BOX has undergone from 2009’s “About Dances in Shin-Nagata” (which involved meeting with local dancers) to 2019’s “Shitamachi Arts Festival.”
下町芸術祭2019「家と踊る ふたりのダンス|オンブラ・マイ・フ」(振付:砂連尾理+寺田みさこ)写真:岩本順平

アジア圏における児童劇の行方Where will the Asian Children's Theater go?

7号室Room 7
言語:日本語・英語・中国語Language: Japanese, English, Chinese 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:矢野靖人(Theatre Company shelf代表、演出家)、倉迫康史(シアターオルト主宰、演出家、「たちかわ創造舎」チーフ・ディレクター)、ワン・ナン(シアター・プロデュ―サー)、ウェイ・シュンイ(教育関係者)、田中真実(認定NPO法人STスポット横浜事務局長/横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)Host: Yasuhito Yano (Founder, and the Artistic Director of Theatre Company shelf), Koji Kurasako (Founder and the Director of Theatre Ort, and also the Chief Director of Tachikawa Culture Factory, Tachikawa’s abandoned school turned comprehensive cultural facility), Wang Nan (Theatre Producer), Wei Xunyi (Educator), Mami Tanaka(NPO ST Spot Yokohama executive director/Secretary General of Yokohama city art & culture education platform)
トピック:アーティスト/クリエーション、プロダクション、ネットワーキング、コミュニティTopic: Artist / Creation, Production, Networking, Community

Qfun Theaterは中国は北京を拠点に特に家族向け、若い観客向けの演劇を専門とする、児童劇団、および学校として運営されていました。 中国現代演劇の発展に伴い、アジアのパフォーマンス市場にも活気を与えて来ています。このミーティングではみなさんと子どもたちと作る演劇の未来の方向性を議論したいと思っています。 Qfun Theater operated as a children's theatre company and school, specializing in plays for families and young audiences in Beijing, China. With the development of Chinese theatre, it has also provided vitality for the Asian performance market. Through this discussion, we try to explore the future direction of children's theatre.

東京芸術劇場の企画制作ポリシーとストラジェディStrategy & Policy of Tokyo Metropolitan Theatre

9号室Room 9
言語:日本語・英語Language: Japanese, English 日英逐次通訳ありJapanese-English consecutive interpretation
ホスト:内藤美奈子(東京芸術劇場舞台芸術プロデューサー)、前田圭蔵(東京芸術劇場広報ディレクター)Host: Minako NAITO(Producer, TMT), Keizo MAEDA(Communication Director)
トピック:プロダクション、会場/スペース、コラボレーションTopic: Production, Venue / Space, Collaboration

東京芸術劇場の企画制作ポリシーと戦略についてお話しします。 We will talk about our programming strategy and policy for near future.