退避(ワーク・イン・プログレス 公開ワークショップ)The Retreat (work-in-progress open workshop)

タナポン・ウィルンハグンThanapol Virulhakul

KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオKAAT Kanagawa Arts Theatre Middle Studio
〒231-0023 横浜市中区山下町281Map281 Yamashita-cho, Yokohama 231-0023 Map
2.10 Sun 13:00 - 17:30
2.11 Mon 13:00 - 17:30
2.12 Tue 13:00 - 17:30
上演時間Run Time 270分(途中入退場自由)270 min (re-entry unlimited)
2.10 Sun 13:00 - 17:30
2.11 Mon 13:00 - 17:30
2.12 Tue 13:00 - 17:30
上演時間Run Time 270分(途中入退場自由)270 min (re-entry unlimited)
 

『退避』は、タナポン・ウィルンハグンとダンサーたちが1年以上に渡って研究している振付のリサーチ・プロセス。日常における他人、物、知られざるものからの「退避」のフォルムから振付を引き出し、身体を通して他者性の新たな理解、新たな関係に到達しようとしている。その抜粋としてのパフォーマンスが2018年にバンコクで上演された後も、このプロセスは進行中である。その背後にある哲学はタイの社会政治的現代史を強く反映しているが、トランスナショナルな展開も志向。TPAM2019では、2018年のクアラルンプールとシンガポールでの試みに引き続き、現地ダンサーを交えての公開ワーク・イン・プログレス・ワークショップとして紹介する。

*現地ダンサーは後日発表します。

The Retreat is a choreographic research process that Thanapol Virulhakul and dancers have been investigating for more than a year, drawing from forms of retreat from strangers, things and the unknown practiced in daily life, with the aim of arriving through the body at new understandings of and relationships with otherness. Performances as selected compilations of the process were presented in Bangkok in 2018, but it has still been ongoing and aims to develop transnationally, while the philosophy behind it is deeply rooted in the modern sociopolitical history of Thailand. In TPAM2019, following attempts in Kuala Lumpur and Singapore, it is presented as an open work-in-progress workshop with local dancers.

*Local participating dancers are to be announced.

タナポン・ウィルンハグンThanapol Virulhakul

タマサート大学で映画と写真を学んだ後、人間による自己と世界の知覚をめぐる関心と疑問を追究するため、コンセプチュアルなダンス・パフォーマンスにダンサー、振付家、演出家として関わり始める。2013年よりデモクレイジー・シアター・スタジオの共同芸術監督を務める。近作に国際演劇評論家協会タイセンターから3つの賞を授与されドイツと日本をツアーした『Hipster the King』(2004)、山本卓卓とのコラボレーション『幼女X』(2015)、カールスルーエ・バーデン州立劇場との共同製作『Happy Hunting Ground』(2006)など。

Thanapol Virulhakul began to involve himself in conceptual dance performance as a dancer, choreographer and director to investigate his interest in and question on human perception of themselves and the world after studying film and photography at Thammasat University. He has been a co-artistic director of Democrazy Theatre Studio in Bangkok since 2013. Among his recent works are Hipster the King (2014) that received three awards from the Thailand centre of the International Association of Theatre Critics and toured in Germany and Japan, Girl X (2015), a collaboration with Suguru Yamamoto (Japan), and Happy Hunting Ground (2016), a co-production with Badisches Staatstheater Karlsruhe (Germany).