暴力の星座Constellation of Violence

イルワン・アーメットIrwan Ahmett

KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオKAAT Kanagawa Arts Theatre Large Studio
〒231-0023 横浜市中区山下町281Map281 Yamashita-cho, Yokohama 231-0023 Map
2.17 Sun 19:00
上演時間Run Time 60分60 min
2.17 Sun 19:00
上演時間Run Time 60分60 min
オーディエンス

前売・当日¥3,500

プロフェッショナル

¥1,500

Adv & Door¥3,500

¥1,500

 

『暴力の星座』は、インドネシアにおける冷戦の絶頂期、そして1965年に起きた事件に、その前兆から余波までを含めて着目する。記憶されているように、1965年の「9月30日事件」では、陸軍の「スター」将校たちが殺害された。この事件は、軍部と民兵たちに、「共産主義を(そして共産主義者の疑いがある者全てを)根絶する」ための虐殺を正当化する口実を与えた。この血塗られた夜に何が本当に起こったのかについては際限なく議論されているが、一方で、インドネシア「新秩序」体制下で国軍はこの問題についての歴史的ナラティヴを独占的に管理した。その影響は世代から世代へと浸透し受け継がれている。

Constellation of Violence focuses on the culmination of the Cold War in Indonesia in 1965, from its lead-up to its aftermath. Noted down in memory, the “30th of September Movement” in 1965 had taken its toll, the star Army generals. The incident provided justification for the military forces and militias to commit atrocities, in order to “eradicate communism” (and anyone accused of it) down to their roots. While what really happened on that bloody night has been endlessly debated, the state command under the New Order regime had the sole control over what became the historical narrative, the effects of which have been ingrained and passed down through generations.

イルワン・アーメットIrwan Ahmett

諸歴史の空間性や植民地主義の恒常的インパクトを通して、人間性をめぐる複雑な問題系の中に自らの存在を位置づけ、それらの問題をグローバルな地政学的文脈で考察するアーティスト。「礼儀正しい転覆」の感覚を持った芸術活動を通して、しばしば芸術作品を物質的に形にするというプレッシャーを伴わずに、緊迫感と意外性のある体験を実現する。芸術が感受性の問題であるとされるとき、彼はそれを探求し、想像し、社会の現状維持を主張するプロパガンダ、イデオロギー、権力、傾向に対する抵抗の身振りを通した芸術概念の問い直しに適用しようとしている。

Irwan Ahmett is an artist who positions his existence in the complexity of humanity issues through spatiality of histories and permanent impact of colonialism, and reflects those in the global geopolitical context. Through art practice that contains “polite subversive” sentiment, Irwan often presents tense yet surprising experience of events without having the pressure to materialize the art. When it’s assured that art is a matter of sensibility, he explores, imagines and applies it to the re-questioning of the conception of art in the gesture of disobedience towards propaganda, ideology, power and tendency claiming the status quo in a society.