©Courtesy of Kick the Machine Films

Courtesy of Kick the Machine Films

フィーバー・ルーム

アピチャッポン・ウィーラセタクン[チェンマイ]

KAAT神奈川芸術劇場 ホール
横浜市中区山下町281(地図で見る)
2.11 Sat14:00/16:30/18:30
2.12 Sun14:00/16:30/18:30
2.13 Mon17:00/19:30
2.14 Tue17:00/19:30
2.15 Wed17:30/19:30
上演時間Run Time90 min
*演出の都合上、開演時刻を過ぎるとご入場いただけません。時間的余裕をもってご来場ください。*Due to the artistic requirement, latecomers are not accepted. Please come to the venue in good time.
*未就学児童入場不可。*Preschool children are not admitted.
プロフェッショナル¥1,500
オーディエンス¥3,000
タイ語(日本語・英語字幕)

カンヌ国際映画祭パルムドールほか数々の受賞歴を持つ映画作家/美術家が初めて取り組んだ舞台作品。記憶とイメージのうつろいやすさに関する省察へと観客を誘う上映=パフォーマンス。監督最新作『光りの墓』にも出演している常連俳優2人を起用し、映画と演劇の枠組みを超えた、夢の中へと亡命するかのような新しい劇場体験を提供する。

アーティスト・トーク2:アピチャッポン・ウィーラセタクン × マックス=フィリップ・アッシェンブレンナー

関連映画上映『光りの墓』(2.11–17 シネマジャック & ベティ)
*一般¥1,500(『フィーバー・ルーム』チケットあるいは半券提示で¥200引き)

  • A Projection Performance by Apichatpong Weerasethakul
  • Cast: Jenjira Pongpas, Banlop Lomnoi, Teenagers of Nabua
  • 1st Assistant Director and Production Manager: Sompot Chidgasornpongse
  • Cinematographer: Chatchai Suban
  • Camera Assistant: Thanayos Roopkhajorn
  • Visual Designer, Supervisor: Rueangrith Suntisuk
  • Lighting Designer: Pornpan Arayaveerasid
  • Technical Assistant: Piti Boonsom
  • Sound Designer: Akritchalerm Kalayanamitr
  • Sound Designer and Music Composer: Koichi Shimizu
  • Sound Assistant: Chalermrat Kaweewattana
  • Production Assistant and Photographer: Chaisiri Jiwarangsan
  • Finance: Parichart Pu-aree
  • Post Supervisor: Lee Chatametikool
  • Produced by Asian Culture Center Theatre, Korea and Kick the Machine Films

アピチャッポン・ウィーラセタクン

アーティスト/映画作家。「記憶」を扱う彼の作品は、個人レベルのポリティクスと社会問題を繊細に反映している。タイの映画産業には属さず、タイ内外で実験的でハイブリッドな物語映画を活発に製作。アート・プロジェクトと劇場映画で広く評価を高め、数々のフェスティバルで受賞。カンヌ国際映画祭パルムドールの他、最近ではオランダのプリンス・クラウス・アワードを受賞している。タイのチェンマイを拠点とする。

Kick the Machine Films

Apichatpong Weerasethakul