エリソン・タン・ユーヤン

シンガポール国立大学の演劇科を卒業。最近の出演作はOur Company の『Dear Nora』、ブライアン・ゴトング・タンの『Sublime Monsters and Virtual Children』、Cake Theatrical Productions の『Temple Reconstructed』、そしてThe Finger Players の『Turn by Turn We Turn』など。ECNADやCake Theatrical Productions、The Finger Players、Nine Years Theatre、this collective などの劇団で研鑽を積む。エリソンは戯曲作家でもあり、代表作に『The Eulogy Project I: Muah Chee Mei and Me』(Potluck Productions)、『吴刚成仙记』(Handsforth、エスプラネードのムーンフェスト2014 参加作品)などがある。現在、研究生としてThe Finger Players に所属している。

image Photo: Juliana Tan
 
撮影日

2014/12/28(日)

撮影都市

シンガポール

撮影場所

Cairnhill Arts Centre

インタビュアー

羽鳥嘉郎

1989年ブリュッセル生まれ。演出家、けのび代表、「使えるプログラム」ディレクター(京都国際舞台芸術祭KYOTO EXPERIMENT、2013、2014)。ワークショップ《自治》では広義の演出と言える「心がけ」や「教え」を制作し、《おかず石》では石をおかずにご飯を食べる。2012年「演出集 しかしグッズ」刊行。

けのび

撮影・編集

西澤諭志

写真家。映像作家。カメラを用いて個人の身近な生活を記録し、そこに否応無く浸食し写り込んでいく社会的、経済的な要因にまで目を向ける。主な展覧会に「西澤諭志展 ドキュメンタリーのハードコア」(2011, SANAGI FINE ARTS, 東京)、「空想する都市学」(2014, TKG+, 台北)など。主な上映会に「火曜講座 西澤諭志『百光』上映」(2013, 立教大学)、「金川晋吾《father》上映」(2015, 熊本市現代美術館)など。

西澤諭志

 

インタビュー一覧